田宮五郎。過去、浅野ゆう子の辛い別れと現在の結婚【画像】

スポンサーリンク

浅野ゆう子さんはかつて交際していた俳優の田宮五郎さんを若くして亡くしています。

原因はくも膜下出血でした。
40を前に遅咲きで俳優としてデビューした田宮五郎さん。

伝説的な俳優であったお父様を追っての芸能界入りでした。

田宮五郎さんの父親はドラマ『白い巨塔』で知られる名優・田宮二郎さん。

1978年12月、猟銃で自らの人生の幕引きをなさいました。

広告

芸能界史に残る衝撃的な事件でした。

ドラマの最終回でのタイミングでもありました。

一説には役に入りすぎたという説もあります。

俳優、役者さんは、時として、役に入り込みすぎて精神に変調をきたすことがあります。

最近では「ダークナイト」のヒース・レジャーがそうという説があります。

田宮五郎さんへの言葉

幼い頃から俳優を志していた田宮五郎さんへの言葉があります。

「人間を知らずに俳優をすべきでない。
若くして俳優になったので、想像でしか役になれなかった」

遺言を守り、田宮五郎さんは料理人、大工などありとあらゆる職業を経験後、俳優となりました。

お父様の偉大さ、そして田宮五郎さんの人となりが感じられます。

遅すぎるデビューだったので、仕事が回ってきません。

ご本人もそうなることをわかっていただろうに、遺言通りにされたのでしょう

浅野ゆう子さんと田宮五郎さんのなれそめ

田宮五郎さんをサポートしたのが浅野ゆう子さんでした。

広告

もともと、同じ事務所に所属していて、浅野ゆう子さんは独立します。

しかし田宮五郎さんのためにプロデューサーに頭を下げ、ご自身のドラマや映画に田宮五郎さん推薦したそうです。

実力にほれ込んでいらっしゃったのです。

2007年頃に交際がスタート。当時は順調ななりゆきだったのです。
浅野ゆう子さんは、ご自身が経営していたアイウェアショップで従業員として田宮五郎さんを雇っていました。

芝居でも、生活でも、献身的に浅野ゆう子さんは田宮五郎さんをサポートしていました。

2009年には田宮五郎さんとの同棲生活をスタートするためのマンションも購入なさってます。

結婚を真剣に見据えての選択だったのでしょう。

しかし、2012年4月、田宮五郎さんはくも膜下出血を発症しました。

くも膜下出血を発症すると、一命は取り留めても麻痺が残ったりします。
田宮五郎さんは左半身に麻痺と、そして脳にもダメージが残りました。

そんな田宮五郎さんを献身的に支え続けた浅野ゆう子さん。

そんなリハビリの甲斐もあってか、当初は車いすだった田宮五郎さんも、杖をついて、ひとりで外出もできるほど回復しました。

身体が動くようになったら。俳優復帰したら。

結婚も考えていたということです。

浅野ゆう子さんはお母様にもお話されていたそうです。

しかし田宮五郎さんは再び倒れました。

そして田宮五郎さんの意識は回復しませんでした。

浅野ゆう子さんは仕事に復帰できず、ストレスでふさぎ込む時期があったそうです。

舞台から復活し、現在は精力的にお仕事をなさっておられます。

浅野ゆう子さんが結婚。相手は一般人

現在、浅野ゆう子さんは同世代の一般人と結婚なさいました。

マスコミには所属事務所のファクスで、署名入りの文書で

「私、浅野ゆう子は昨年末に結婚いたしましたことをご報告させていただきます。突然このようなご報告を書面でいたします非礼をお許しください」「お互いこの年齢で、とも思いましたが、この年齢だからこそ、互いの健康に気遣いつつ、寄り添いながら穏やかにこれからの人生を歩んでいこうと決めました」

という発表をなさっています。

田宮五郎さんのなきあと、前を向くように関係者からも諭されていたそうです。

もちろん時間がいることですが、女優としての復帰から、ついに、ご結婚までいたったわけですね。

素晴らしいことです。

今後もきっと素晴らしい演技を見せてくれるでしょう!

広告

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする