コインチェックって何?仮想通貨の被害と藤崎マーケットの被害。

スポンサーリンク

仮想通貨取引所「コインチェック」が、600億円相当のハッキングをされました。

このあおりをくらって貯金がなくなったのが藤崎マーケット・トキさん。

右の方です。ラララライ体操でおなじみですね。

和田社長、大塚取締役と顧問弁護士が会見を開きました。

和田代表は目が潤んでいましたね。大塚取締役と二人で、

「お客様にご迷惑をお掛けして、申し訳ないと思う」

とおっしゃいました。

NEMって何?

経済的フリーダムと平等の原則に基づいて、新しい経済圏の創出を目標としてはじまった仮想通貨(暗号通貨)。

仮想通貨とは、その名の通り仮想の通貨。言ってみればドラクエのゴールドみたいなものですが、ゲームと違って我々が済む現実の経済にも影響があるということです。

そういった仮想通貨の一形態がNEMです。

この通貨を取引できる場所として、コインチェックという会社があり、そこから通貨が盗まれました。

仮想通貨ですから、強盗などではなく、ハッキングによって盗まれたわけです。

その盗まれた仮想通貨を金額に換算すると、なんと600億円相当。

コインチェックはその他の通貨も運用していますが、盗まれたのはNEMだけのようです。

現在は警察の捜査協力もあります。早期解決を望みます。

コインチェック、NEMの仮想通貨の管理やセキュリティは?

広告

資金移動の素早さを売りに、ホットウォレットという管理形態をとっていました。

ウォレットとは財布。ホットとは常時ネットワークに接続されているということです。

この形態であるがゆえに資金の運用がスピーディでいたが、反面、ずっとオンラインの状態なので、ハッキングを受けやすい可能性が指摘されていました。
逆のシステムはコールドウォレット。セキュリティが高いです。

開発が間に合わず、導入が間に合わなかったとのこと。

送金に複数の署名が必要とするマルチシグ管理も開発が間に合わなかったとされています。

これに関してはNEM財団のトップからも指摘されていますから、重大な問題を看過して運用していたということになりますね。

ネット上の、比較的簡単に入れるサーバーに、大金を置いていたということです。

仮想通貨は昨今ブームですから、乗り遅れないように開発期間を削って作ったと推測されても仕方ありません。

補填等については社内で協議中だそうですが、有名人も被害にあっています。

藤崎マーケット、トキさんの貯金がなくなった?

お笑いコンビ・藤崎マーケットのトキさんが、ご自身のツイッターで告白。

「貯金をすべて失った」「大半を盗まれた」

ツイートは、前のめりに倒れた画像とともにアップされました。

ツイート内容は、

「コインチェックの仮想通貨が全て盗まれました。貯金すべてなくなりました。仕事ください」

仮想通貨の運営大手コインチェックから、仮想通貨NEM約600億円分がハッキングされたあおりをくらったんでしょうね。

しかし、そこは芸人さんです。

「強いお酒を飲んだにもかかわらず昨夜は寝れなかった。朝8時寝不足のまま朝の情報番組へ。司会のハイヒール、リンゴ姉さんが何故かコインに見えた。貯金の大半を盗まれたと言っても過言ではない。今日はこのあとR-1グランプリ三回戦だ。ネタが頭に入らない」

このときの番組内容は、今、何かと問題になっている大相撲についてでした。

暴行や無免許など、かなり話題性の高い最近の大相撲事情でしたが、トキさんの落ち込みっぷりは半端なかったようです。

相方の田崎佑一さんもすかさずツイート。

「相方が仮想通貨でえらいことになっとります」

とつぶやき、仮想通貨が稼げるというゲームについての記事のURLを貼り付けて、「このゲーム教えてあげよ!」と笑いに変えています。

かなりきつい状況だと思いますが、なんとかふんばって、元気にお笑いを見せてほしいものです。

これからしばらくは、このエピソードを話したりする機会も多いでしょうけど、盗まれた金額すべてが稼げるほど番組に出れるわけじゃないですもんね。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする