おかもとまりの旦那、声たかっ!妻はブログに発達障害と書く。

スポンサーリンク

ご紹介するのは、現在、おかもとまりさんの旦那さんです。

おかもとまりさんについてはこちら

かつてミリオンを飛ばしたミュージシャンでもある、
naoさんです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

明日への扉[CD] / I WiSH
価格:1258円(税込、送料別) (2017/11/21時点)

奥様のおかもとまりさんが、ブログである記事をあげました。

旦那であるnaoさんが、軽度の発達障害であると。

どうなんでしょうか?

そのあたりも少し考察してみたいと思います。

おかもとまりさんの夫、naoさんは結婚歴あり。前妻とは。。。

naoさんには奥様がおられましたが、早くに亡くなられたそうです。。。

その奥様とは、歌手のasさんです。
本名である小池珠美さんのアルファベット名義で
活動したこともあったようです。

3歳のころから小児喘息で、入院してた時間の方が多かったかもしれない奥様ですが、
デビュー前から急に悪化してきたようです。

声帯に影響がある薬の投与することの恐怖やストレスで、
過喚起症候群、自律神経失調症を併発されたそうです。
さらには、24時間溺れているような、原因不明の
呼吸困難にも陥ったそうです。

海外での治療を経て、呼吸は楽になり、
少しずつ音楽の仕事に復帰しつつあった彼女ですが、
25歳という若さでこの世を去りました。

Dear my babyという楽曲をTAMAMI名義で残しておられます。
お子さんへの思いをのせて制作されたそうです。

おかもとまりさんの夫、naoさんについて詳しく

本名は菅原 直洋さんで、wikiの肩書は作曲家、音楽プロデューサーです。

広告

15歳から作曲活動を行っており、絶対音感を持っているようです。
若干17歳でヤマハ主催の作曲コンテストでグランプリを獲得したそうで、
すごい才能の持ち主ですよね。
そのまま作曲を続け、26歳のときには500曲以上のストックをもっていたと
いいますから驚きです!

2002年に渋谷で路上ライブをしていた女子高生の川嶋あいさんとユニットを組み、
広告代理店やマーケターの協力をとりつけ、ユニット「I WISH」を
売り出します。プロデューサーとしての活動にもセンスが感じられますね。

おかもとまりさん、夫のnaoさんが、軽度の発達障害と告白

おかもとまりさんは、ブログで、naoさんが発達障害という記事をあげました。

「軽い発達障害(勉強や記憶力、音楽はピカイチなのに、簡単なことができない」

という記事ですね。

しかし、これ、おかもとまりさんから見ての意見ですね。

カンタンなことができない、というのと、

イコール発達障害かは、そんなに簡単にわからない気もします。

言葉だけの情報じゃ伝わらない。

だから、お店調べてスクショを送って確認と念押し。

しかし違う店。

ブログでもあげられてますが、旅行先で上記のような

ことが起こって悲しくなったという内容です。

どうなんでしょうね。

naoさんが今までの人生でもそうだったのかどうか。

ご本人の状況など、複数の要素を見て専門家が下した判断なんでしょうか。

辛かったおかもとさんは、

上手に向き合うことを目指して、ブログを締めくくっておられます。

naoさんの声がハイトーン?高くて女性みたい!

おかもとまりさんの呼びかけに答えて、
はーい、なおちゃんでーす、という声が
上がってますが、確かに女性みたいです。

もちろん今までにメディア露出もあり、
ナカイの窓なんかで、千原ジュニアさんに
「声高いですね」と言われてました。

食べに行った店でも、旦那さんの声でバレてしまうことが
あるみたいですね笑

さすが元ミュージシャンですよね。

広告

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする