デヴィ夫人の孫の国籍は、若かりし頃を過ごしたインドネシア?【画像】

スポンサーリンク

業界のご意見番として、いろんなニュースに意見を述べたり、
セレブならではの視点で舌鋒鋭くコメントしたり、
と思えば出川さんと身体を張ったコーナーにも
挑むスーパーウーマンこそ、デヴィ夫人です。

デヴィ夫人の孫のキラン君。その国籍は?

デヴィ夫人にはなんとも愛らしいお孫さんがいらっしゃいました。
もちろん超絶美形に成長しています。


となれば、お孫さんの国籍はどこになるんでしょうか。
夫人も波瀾万丈な人生でしたから、ご家族もやはりワールドワイドな
活躍をなさるんでしょうね。

デヴィ夫人の人生についてさらりと。

本名、またはインドネシア名では
ラトナ・サリ・デヴィ・スカルノ。

日本名は、
根本 七保子さんとおっしゃったそうです。

通り名は、デヴィ夫人。
ちなみに出身は東京の麻布だったそうです。

デヴィ夫人の娘の国籍は?

デヴィ夫人のお母さんのカリナさんの国籍はどこでしょう?
デヴィ夫人はインドネシアで結婚して3年後、
クーデターによってスカルノ大統領が失脚したことで、
日本へ帰国して東京都内で娘さんであるカリナさんを出産しました。

カリナさんは日本で産まれてますが、
お父様もお母さまもインドネシア国籍ですから、
カリナさんの国籍はインドネシアです。

おそらくはですが、デヴィ夫人のように
激動の事態や人生にはなっていないでしょうから、
現在もインドネシア国籍なのではないかと推測できます。

デヴィ夫人の孫の国籍は?

2014年に
『中居正広の金曜日のスマたちへ』
で、幼い孫のキラン君がVTRに登場して
かなり話題になっていました。

その後もバラエティで自転車に乗るキラン君を
ほほえましく見守るデヴィ夫人の様子が放送されて話題に
なったことがありました。

デヴィ夫人のブログにも時々アップされていましたね。

歯に衣着せぬ言動で知られるデヴィ夫人ですが、
キラン君の前では本当にやさしい笑顔で過ごしておられます。

カリナさんはオランダ人と結婚し、ヨーロッパに住んでいます。

インドネシアの場合には父親の国籍が優先されるとのこと。
つまりキラン君のお母さんがインドネシア人でも、
お父さんの国籍が優先されます。
オランダでは両親どちらかの国籍が選択可能。
となるとどうなんでしょうか。
デヴィ夫人が若かりし頃に過ごしたインドネシア国籍ではなく、
キラン君の国籍はオランダの可能性が高いですね。
イギリス在住時期もありましたが、子供のころでした。

イギリス国籍の可能性もありますが、幼い時期でしたね。

オランダ国籍か、イギリス国籍、どちらかで、インドネシアではなさそうです。

デヴィ夫人は、絵になる

むかし、アンティークランプをたくさんインテリアに使用している
バーで、たまたまデヴィ夫人がいらしたところに
居合わせたことがあります。
赤ワインを召し上がっておられました。

素晴らしく絵になる方でしたね。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする