恵方巻き2018年の方角は?無言で食べ切る今年の方向は南南東!

スポンサーリンク


2月といえば節分。節分と言えば恵方巻きです。

気になるのは方角ですよね。その年ごとに、この方向を向いて食べる、というのが決まっているんですよ。

最近はお寿司屋さんやスーパーに加えて、コンビニでも恵方巻きの商品が売られています。

ご家庭で召し上がらない方々も、職場などで差し入れでいただいたりしますね。

この習慣自体は昔からありました。ですがここまで認知度が上がったのはコンビニの商品戦略になってからでしょうね。

ともなって恵方巻きのバラエティは増えて、サラダ巻や海鮮だけでなく、スイーツバージョンなんてのもあります。

魚が苦手な方でも恵方巻きを楽しめるようになりました。

恵方巻きは、その年ごとに決められた方角があり、そちらを向いて無言で食べるのが昔からの習慣です。

一本食べつくすまで無言です。

まあ、そこまでしっかりする人は少数派でしょうね。

ちょっとその方向を向いて食べて、あとはご家族団らんでいいと思います。

恵方巻きじゃなく、子供が喜ぶ手巻き寿司にアレンジしてしまう方も多いでしょう。

ちなみに、あの、

黒柳徹子さんはスタッフ全員で恵方巻き。

それでは2018年、恵方巻きを食べる時に向くべき方角はどちらでしょうか?

そしていつ食べるんでしょう?

いまさら聞けない恵方巻きのマナーややり方をご説明します。

恵方巻き、2018年は?

今年の恵方巻きを食べる日にちは2月3日の土曜日です。
節分の日に食べるのが縁起がいいと言われています。

節分とは2月3日のことだと思う人が多いと思います。

それで正しいんですが、厳密な意味合いも紹介しておきましょう。

節分というのは立春の前日のことですね。

立春前日は暦です。暦は天体の周期などを元に成立します。

還暦という言葉は、干支などの暦がひと周りする60年という意味です。

まあ、とにかく食べるのは2月3日です。

その年の曜日によってはご家族、友人と過ごすことが多いでしょう。
週末ならなおさらですね。

2018年の恵方巻きの方角はどこ?

2018年の方向は

「南南東」。

「恵方巻き」は、元々大阪地方を中心とした風習でした。

それが、日本全国に広がったので、方角に注目されるようになりました。

恵方(えほう)とは、すなわち、その年の「吉方」です。

縁起がいいとされる方角という意味です。

決められた方角を向いて食べるのは、その年の神様がいる方角です。

福徳を司る神である「歳徳神(としとくじん)」の方向ですね。

また、恵方は「明きの方(あきのかた)」や「吉方」と呼ばれることもあります。

なんでもかんでも、その方向に向かってやると、万事に吉、ということです。

歳徳神(としとくじん)がいる方向ですから縁起がいいというわけです。

恵方にある神社に行く。
引越すなら、恵方の住居に。
結婚するならら、恵方の式場を。
恵方に営業しに行く。

まあ、こんなところでしょうか。

だからそっちを向くんですね。


広告

なので今年は南南東の方角を向きます。

お願いごとも忘れずに。できれば無言で。

自宅の南南東にあるお寺や神社にお参りするのもいいことです。

「恵方詣り」と呼びます。

その年の幸福を祈願して、健康に過ごすわけですね。

方角の確認はスマホやタブレットを使えばかんたんですね。

恵方巻きは節分前後はコンビニやスーパーで買えます。

ちょっと贅沢してお寿司屋さんで買うのもいいでしょう。

節分あたりはけっこう売ってますし、その後は安く変えたりします。

節分前後にお寿司を楽しむイベントと気軽に考えて、前日でも後日でもお寿司を食べるといいですね。

2018年の恵方巻きは、2月3日土曜日に、「南南東」の方角に向かって食べます。

最後に、色んな方に向けてバリエーションを。

キーマカレーと卵をまくカレー風味の恵方巻き。

サーモンやアボカド、チーズのイタリアンな恵方巻き。

ホットケーキミックスとフルーツの、スイーツ恵方巻き。

いろいろレシピを検索すれば、おもしろいバージョンが見つかりますよ。

広告

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする