フースーヤさんのネタを解説!芸人としての特徴と、コンビ名の由来とは?

ネクストブレイクまちがいなしのコンビといえば
この芸人さんたちですね!

プロフィールと芸歴

田中 ショータイムさん。一応、ツッコミです。
1993年7月10日うまれの24歳で、兵庫県神戸市出身。

ボケ担当は、谷口 理さん。
1993年5月1日うまれの24歳で、兵庫県神戸市須磨区出身。

まあ、おふたりとも一発ギャグを連発するので、
ツッコミやボケとかはどうでもいいかもしれませんww

高校・大学の同級生で2人ともクラスの人気者だったそうですね。
高校2年生の時に谷口さんが田中さんにトイレに連れていかれ「一緒に吉本へ行こう!!」と説得されたんですって。

2016年、フジの若手芸人発掘バラエティ『新しい波24』オーディションに合格。
同年12月27日放送でテレビ番組初出演。この回に出演した岡村隆史さんは、番組出演者の中で
フースーヤをお気に入りとして挙げてましたね。
2017年5月、CBCテレビのバラエティ番組『本能Z』のネタコーナーに出演。
番組司会の今田耕司さんと東野幸治さんに、「これが新世代の漫才か」と驚かれていました。

フジテレビの『めざましテレビ』に「新感覚漫才」として取り上げられ、公式チャンネルが取材されます。
7月19日放送回の日本テレビ『ナカイの窓』の「ネットで火がついた人SP」で、トーク番組初出演。
ネタ後、中居正広さんと即興でネタを作っていました。

いやあ。すごいトントン拍子ですね。
ここまで順調なコンビって、あんまりないですよ。
数年に一度ってくらいじゃないでしょうか。オリラジとかそうでしたかね。

芸風

漫才?という感じはしますね。
全力でギャグまみれにしている感じで、新しいスタイルです。

ちょっと聞き取りづらいくらいのテンションのときがあるので、
改めて文字にしてみます。

「ナッシングトゥーマッチ」
「オーマイゴッドファーザー降臨」
「イケナッシングとぅーまっち」
「デイ・アフター・トゥモロー」
「インデペンデンス・デイ」
「いや、デカすぎとピーコ」
「今日のファッション20点」
「はいジョージ・クルーニー卵とじ」

自己紹介からして勢いありまくりですし、ハイテンションで上記のギャグをかましまくっておられます。
よいしょ!!の掛け声がいいリズムで入ってますねww

ゴロ合わせにつぐゴロ合わせ、というふうにも思えます。
ゴロ合わせですから、けっこうワードの選択など、考え抜かれてるかもしれませんね笑

ナインティナインの岡村さんも、「どういうこと!?」と
笑いながらも、少し困った表情を浮かべてました笑

単に大声だけてわけではもちろんないので、
ブレイク後も長く活躍できるんじゃないでしょうか?

ところで彼らのコンビ名、ちょっと意味ありげで、でも何かわからない気がしますよね?
由来はなんでしょうか?

コンビ名の由来

これは知る人ぞ知る、ファイナルファンタジーなんですよね。
おそらくⅣです。当時、スーパーファミコンで発売された中でも
デザインワークやグラフィック、ストーリーでかなり高評価でした。

おふたりが仮にプレイしたことがあるならリメイクバージョンでしょうが、
その中にフースーヤが出てきます。

月の民フースーヤというのは物語の中で最も重要なクリスタルの秘密を知る人物で、
かつ魔法のエキスパートです。主人公ともおおいに関連する人物でしたね。

昔のイラストは天野喜孝さんがてがけておられて、
人間ではあるがちょっと妖精っぽい、魔法つかいっぽい感じを見事に
表しておられました。

今後の活躍に期待です!

直近のテレビ情報です。
ザ!世界仰天ニュース 鍋の肉で手足マヒ…みそ汁で超激痛!身近な食の危険4時間!
2017年10月17日(火) 19時00分~22時54分

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする