藤井リナ社長の年収がスゴい!モデルを武器に経済効果30億のアジアへ。

スポンサーリンク

モデルの藤井リナさんが3年ぶりにテレビ登場です!
藤井リナさんは所属事務所をやめてから、ご自身で芸能プロダクションを
設立して海外進出。本業のモデルとしては中国で大人気を博して
活躍しているらしいです!

藤井リナさん、社長としての仕事。その年収とは。

以前から、モデルもしつつ、下着とかのプロデュースもしてみたい、とは
言ってましたね。夢がかなったようです。
自分でかわいらしいデザインを手掛けてみたいとも
おっしゃってましたが、その通りになってますね。

ただ、最初はモデルからの転職という一面や、資金繰りで
苦しい時もあったそうです。ご本人も、
「こんなにお金がかかると思っていなかった、始まったばっかりで赤字」
とおっしゃってましたから、苦労があたたんでしょうね。

最初からうまくいくわけでもないでしょうが、
外野に色々言われることもあったようです。

モデルの経験しかなかったのに、はたして経営なんかできるのか?
といった声ですね。でもモデルだからこその業種もあるわけで、
そこにバシっとハマッてらっしゃると思います。

藤井リナが稼いだのは、まつげ?香水?芸能プロダクション?

業務内容はというと、いわゆる芸能プロダクションですね。

会社運営にあたって、経費はご自身が全て目を通し、
新人モデルに応募されてくる選考書類もチェックするなど、
大忙しの日々をおくっておられます。

そして、やはりというか、さすがというか、
こういったキャリアの方ですから、他にもおやりです。
つまり商品プロデュース業ですね。しかもかなり大きい利益を
出しているそうです!

新たなモデル・タレントの発掘と育成と、もうひとつは、
つけまつげや化粧品などの商品プロデュースという展開を
行っているようです。

これ、商品開発とそのPRを自社でできますから、
いいビジネスモデルだと思います。

ご自身の経験も最大限活かせますしね。

中国では、発売したつけまつげ商品が一日で1000万円ほど
売り上げたとかで、ちょっとしたニュースでした。
どちらかというと、日本よりも中国で大爆発したんでしょうね。

女性が男性にモテるためのパフュームを化学的に研究して、
その目的に特化した”男性にモテる香水”というフェロモンを感じさせるような
タイプの商品も出しておられ、これまた大ヒットしたそうです。

経済効果30億円と評価されたこともあるそうで、
年収はおそらく日本人のモデルとは比べ物にならないでしょう!

藤井リナさん、モデルのキャリアを武器にアジアへ!

ここでいう経済効果ってのはアジア全域まで射程距離におさめると
いうことでしょうね。
実際、アジア全域に広げようという事業計画なのは間違いないでしょう。

ファッションや美容というジャンルでは、
アジアの中では日本はNo.1人気です。日本風のスタイルや
ファッション、メイクをアジア全域がおっかけると、
おおざっぱにいうと、まあそういう傾向があるわけですね。

だから、経済効果30億円なんてのは
あながちウソやごまかし、ハッタリなんかじゃないでしょうね。

モデルとしてのキャリアや人脈、さらにはご家族のチカラなども
もちろんあるでしょうが、先取りのセンス、経営のビジョンなどに
とても恵まれた、才能ある経営者と言えるのではないでしょうか?

ただ、基本はモデルだ、モデルとして培ってきたことを
次のモデルたちに教えたいというのが根本的な姿勢であるとも
おっしゃっていて、それならまさに社長兼モデルという超人ですよね。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする