GACKT(ガクト)、美しいヌーディ画像でデカい腹斜筋を検証!

スポンサーリンク

何かと話題を呼ぶスター、GACKTさんですが、最近では、肉体美が取り上げられることも多いです。

かなり鍛えていますね。

一時、話題になったのがいわゆる、持ち物の大きさです。

ご自身の発表する写真であったり、コメントだったりするので、言ってみれば公然の話題。

筋肉の検証なども含めて見ていきましょう!

GACKT、ヌード画像。

いわゆるフルヌードの類ではないようです。

しかし、ご本人いわく、「アーティストである前に漢(おとこ)」、ということで、いわゆる男性的な魅力、つまり鍛え上げた筋肉などに関しては、非常にストイックに努力を積み重ねて維持しているのだと思います。

GACKTのトレーニング

ご自身はトレーニングの一環で格闘技もしていたことがあるそうで、スパーリング経験も豊富なのでしょう。食事量のコントロールもかなり厳しいレベルで実践しておられます。

おそらくこの写真のような自重のみのトレーニングであれほど隆起した筋肉は作れないのではと思います。

GACKT、デカい腹斜筋


男性のセクシーさをアピールする筋肉として有名な部位です。

ここも鍛えづらい部位です。

相当トレーニングしないとこのように肥大しません。

よく言う腹筋やシックスパックなどより、こちらを重視されてるのではないでしょうか?

GACKTさんらしいチョイスだと思います。

もうひとつ、デカいといえば。。。

話題になったこれですね。どうなんでしょう?

タオルの柔軟性からしても、こんなふうに折り目がしっかり入るとはあまり思えないのですが。。。

いや、しかしGACKTさんだから、またはGACKTさんが使うタオルだから、という複数の条件が重なればあり得るのかもしれません。

ご自身もコメントとして、

かつて、エストニアを旅行中のGACKTさんが投稿した1枚で、大きく開脚した部分のアップがネットに上げられました。アンダーウエアらしき布地や、肌色の部分も見えています。

これについて、GACKTさんは、

「乗馬に行った。乗ってる最中にスースーするからまたを覗いた。全開で破けてた。暴れん坊将軍が暴れてた」

とコメント。すごいエピソードですね。

何にしてもスケール外の活躍のGACKTさん。常に目が離せません。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする