鋼の錬金術師の実写、評判の仕上がりとストーリーをネタバレありで検証

スポンサーリンク

巷で話題の鋼の錬金術師、その実写版ですが、

仕上がりはどうなんでしょうか。

結論から言うと、現在、ネットで見られる、
いろいろ目につくが、そんなに悪いわけでもない、という評価が
おおよそ正しいかな、というところです。

個人的には、それよりももう少し目につくところが多いかな、
とは思いますね。

素晴らしかったのは、CGですね。

オープニングのアクションシーンは非常によくできています。

他に、特筆すべきは、アルがフルCGであるということ。

違和感が感じられません。

以下、ネタバレあります。


マンガを実写にするときに起こること。

全部ではないですが、ここ数年に見たマンガからの実写版で
発生しがちな事態を整理して書いてみようと思います。

・キャラ、ストーリーのダイジェストでしかない。

おそらく、人気あるキャラや、ファンが見たいエピソードなど、
入れたい、入れろという要請などがプレッシャーとなっている。
よってストーリーの取捨選択ができていないため、二時間前後で
見せる構成になっていない。山場がとっちらかる。

マンガは連載されてますから、山場にいたるまでに
キャラや伏線がしっかり前ふりされてます。
それを二時間でやろうたって無理です。

それを見て盛り上がるのは原作ファンだけでしょう。

原作ファンが見て盛り上がるならそれでいいという意見ももちろん
正しいです。

しかし、原作を知らないファンが見ても楽しめる映画にするべきです。
結局はそっちのほうが映画の寿命が長いですし、
原作を知っているファンが楽しめなくなるわけではないはずです。

詰め込みすぎている映画として、
「新宿スワン」
を上げておきます。
綾野剛さんと山田孝之さんのライバル関係と、沢尻エリカさんに絞るほうが
見やすくなったと思います。真野絵理奈さんは全く見せ場がありません。

真野さんが悪いわけではなく、続編の予定があるとしても、
一本で過不足ない構成して、捨てるべき要素と活かすべき要素を
厳しく選ぶべきと思います。

鋼の錬金術師に関しては、弟のアルが、自分の記憶がにせものではないか?
と悩むシーン。あれは外したほうがスッキリしますね。

ちなみに原作では、アルと同様に鎧に人格だけを宿した殺人鬼との戦いの中で、
その疑問がうまれます。その敵役がいてこその苦悩であり、
実写版では大泉洋さんのアルとの会話がきっかけとなっていますが、
きっかけとしては小さすぎます。
外すほうが無難でしょう。

・ウィンリィが整備士として活躍しない。

友人としての役割はありますが、整備士としてはあまり活躍しません。
アルの頭をスパナで殴るだけ。
カットするか、積極的に整備シーンを戦闘や日常に入れるほうがいいと思います。

・ディーン・フジオカが目立ちすぎる

焔の錬金術師、ロイ・マスタングが活躍しすぎています。
どちらかというと、主人公のエドよりもアクション向けの能力を
備えた設定なのはわかりますが、クライマックスの戦闘では、
はっきり言ってこの人しか活躍していません。

これは、前述の整理しきれていないという問題の影響もあり、
主人公の旅の目的が、ストーリー途中から行方不明です。
マスタングの目的とごっちゃになっているように見えてしまいます。

というかマスタングの目的もよくわかりません。

正確に言えば実写映画版だけでわかることは不可能です。

原作を読んでいればわかるでしょうが。

通路でホムンクルスと戦い、傷ついたマスタングがエドに
「あとは頼んだ!」的なせりふを言いますが、頼まれるほどの
共闘関係の構築を描くことに成功していません。

人柱、という原作では重要なワードもカットしたほうが
よかったかもしれません。

・演出が甘いところが目立つ。

序盤、エドが兵に押さえつけられているシーン、
もう少し抵抗感があったほうが自然だと思います。

兵がしゃがんでるエドに肩を置いているだけに見えます。

これは、上記の指摘より個人の感性によるところが大きいのは
自覚していますが、続けてもう少し。

敵のホムンクルス、エンヴィーが兵の間を走り抜けるシーン。

どう見ても敵であるエンヴィーが走り抜けているのに、
棒立ちで銃をかまえたまんまの兵士たち。

もう少し芝居をつけるべきです。

これは役者を非難する意図ではなく、演出に対する批評です。

ドクターマルコーが主人公エドに賢者の石を渡すのも、
あまりにすんなりし過ぎています。

最後にもうひとつ、作られた悲劇の合成獣ですが、
事前にその素となる犬が登場しています。

なので、その程度にはホンモノに見えなくてはなりません。

しかし合成獣はあきらかにCGです。

ありえない生き物ですからどれだけしっかり作りこんでも
CGなのはわかります。だから見せるしかないのではなく、
獣の一部のみ見せるべきです。あのていどのCGならば。

・錬金術のルールの描写が少ない。

これはマンガならページを割いて、長いストーリーの中で
説明できますが、二時間の映像ではわかりにくいです。

無制限な魔法能力にしか見えません。

上記の合成獣の悲劇という点でも、錬金術のルールが
しっかり伝わっているからこその悲しさ、狂いっぷりが
原作にはしっかり描かれていますが、実写版ではもうひとつ足りません。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

代案を上げておきます。

エド、アル、ウィンリィは3人で旅をしている。
その目的はアルを鎧状態から戻せるであろう賢者の石。

賢者の石を求めて最初の戦闘。ここで、錬成されたものの大きさなどから、
錬金術の等価交換ルールを観客にわからせる。

手がかりを求めて来た町で、何かしら事件が発生している。

窮地に追い込まれた3人を助けるヒューズ。

町のボスと面会。

ヒューズの知己、マスタングは町の治安を気にかけており、
主人公たちを疑っている。

賢者の石を求める過程で、町のボスが黒幕とわかる。

黒幕と共闘関係、または黒幕の上位にあるホムンクルスが攻撃してくる。

ヒューズは死亡する。

主人公とマスタングは共闘する。

勝利して賢者の石を手にするが、エドを助けるものではなかった。
さらに旅は続く。

回想シーンを多用しないこと、主人公目線、主人公中心で物語を展開するほうが
二時間という長さには適していると思います。

最後に、巷でよく言われている問題について。

「鋼の錬金術師」日本人役者での映画化について。

これはけっこう難しい問題です。

もちろん、金髪の白人を多用するほうがより正しい選択なのは
異論がありません。

しかし、宝塚歌劇のように、日本人であっても成立させる方法があるかもしれません。

あえてその可能性を考えてみました。

・ロケ地に注意。
「どう見ても日本」と観客にネットにあげられないようにする。

・情報量を上げて、照明を暗くする。
映画では、シルバニアファミリーのような室内描写が目立ちます。
原作のもつ重厚さを損なっています。
小道具や部屋の汚れなど、もっと情報量を上げるほうがいいと思います。
例としてはジョニー・デップ主演のスリーピー・ホロウのような
テイストなんていかがでしょうか。


・衣装を工夫する。
もちろん、原作デザインは尊重すべきですが、
実際の役者が着ても違和感がないデザインに多少手直ししたほうが
抵抗なく見れるのではないかと思います。


広告

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする