平成の終わりと次の年号の始まりは、天皇陛下の即位で10連休GW?

スポンサーリンク

「平成の終わり」と「新時代の始まり」は10連休?

2019年の4月30日に天皇陛下が退位。
5月1日に皇太子さまが即位することがほぼ決定しました。

天皇陛下が退位後のゴールデンウィークが10連休?

もちろんこの期間はGW。

まず4月27~29日は土日と昭和の日で3連休。

5月3~6日も憲法記念日などの祝日と振り替え休日で4連休。

谷間の平日だった5月1日に即位されるなら、休日となるのではないか?という声や予想が多数あります。

ちなみに祝日法には、「前日と翌日が祝日の日は、休日とする」という決まりがあります。

国民の祝日を定める「祝日法」には、祝日と祝日に挟まれた日を休日にする、というルールがあるんですね。

その前日及び翌日が「国民の祝日」である日(「国民の祝日」でない日に限る。)は、休日とする。ということです。

広告

内閣府大臣官房総務課のコメントがあります。

「改元日を休日にするという規定は祝日法にありませんが、仮に改元日が5月1日で、特例法などを定めてその日を祝日扱いにすれば、10連休が生まれることになります」

「ただ、改元日が祝日になるかはわかりません。昭和から平成の改元時には、天皇陛下の即位の礼が開かれた日を休日とし、『国民の祝日』と同等に定める特例法がつくられました」

即位する5月1日が祝日と制定されれば、はさまれる4月30日と5月2日も休日に変わります。これが10連休発生予想の根拠となります。

ちなみに平成に年号が改められた時は、天皇陛下の即位日、1989年1月7日は祝日になっていません。

平成の時から考えると、10連休の可能性は高くないようですね。

天皇誕生日が変わる?

退位特例法により、天皇誕生日も現在の12月23日から2月23日に変更されます。

昭和天皇の誕生日だった4月29日は、89年から「みどりの日」という祝日となり、現在は「昭和の日」という祝日として定められています。

12月23日も祝日のままなんでしょうか?

議論の余地はまだまだあるようです。

改元日が5月1日で、さらにその同じ日に皇太子さまの「即位の礼」が行われれば。10連休も、夢じゃないかもしれません。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする