伊原六花,登美丘バブリーダンスから、ドラマ「チア☆ダン」で女優に!

スポンサーリンク

荻野目洋子の「ダンシング・ヒーロー」に合わせた“バブリーダンス”が大ヒット!

で、おなじみの、大阪府立登美丘高校ダンス部の元キャプテン・伊原六花(いはらりっか)さんが、土屋太鳳が主演をつとめるドラマ『チア☆ダン』に出演決定しました!

伊原六花さんが出演するのはどんなドラマ?

高校を卒業したばかりの伊原六花さん、これが芸能活動開始後初のドラマ出演です。

昨年3月に公開し大ヒットした奇跡のような実話を基にした映画「チア☆ダン~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~」の数年後を舞台にしたストーリー。スピンオフではありませんが、映画をベースにしつつ、新しい展開でのオリジナルストーリーが楽しめます。

土屋さん演じる主人公が通う高校のチアリーダー部の後輩役が、伊原六花さんが演じるキャラクターです。

主人公・藤谷わかばが入るチアリーダー部の後輩・麻生芙美。

芙美は、人見知りな性格だったが中学時代からの友人に強引にチアリーダー部に誘われ、みんなと応援するチアの楽しさにふれ明るくなった。わかばたちがチアリーダー部と別れてチアダンス部を作ると、チアダンスへの憧れから入りたい気持ちを持つが、反発するチアリーダー部の先輩たちとの間で板ばさみになり、決心する事が出来ない。だが、次第にひたむきに踊るわかばたちの姿に心を打たれ、チアダンス部結成後初の1年生メンバーとなる…

というキャラクター設定。成長と板挟みという難しい要素があるキャラクターで、園児外がありそうですね。

伊原六花さんのコメント


広告

「初めてドラマに出させて頂くので、気合入っています!物語が私のいたダンス部と似ているなと勝手に思っているところがあるので、自分が経験した事、ダンスで学んだ事をしっかり出せたらいいなと思っています」

「いまはダンス練習漬けの毎日でお芝居の稽古はまだ始まっていませんが、土屋太鳳さんは練習でも一番前でいつも真剣に踊ってくださっていて、後姿を見ているだけですごいなって、すでに刺激をいただいています。ほとんどの出演者の方が先輩ですが、皆さんすごく優しくて、現場が本当に楽しいです」

伊原六花さん出演、チア☆ダンの新ストーリーとは?

幼い頃に強豪チアリーダー部「JETS」が初の全米優勝を果たした演技を見て憧れを持った藤谷わかば(土屋太鳳)は、将来は同部に入って全米優勝したいという夢を抱く。

しかし「JETS」のある高校の受験に失敗。いつしかチアダンスさえ「自分には無理、できっこない」と考えるようになり、隣町の勉強も運動も中途ハンパな高校の弱小チアリーダー部で運動部を応援するだけの高校生活を過ごす中で、ある日、東京から来た強引な転校生に「私とチアダンスをやろう!」という思いがけない言葉をかけられる。

その言葉がわかばのくすぶっていた思いに火を点け、かけがえのない仲間や教師と共に泣き笑い、成長し、「打倒JETS! 全米制覇!」というありえない夢を追いかけ、全てをかけて挑戦する青春ストーリー。

ダンスにかけるというストーリーは、伊原六花さんが歩んできた人生に重なることも多いでしょうね。今後の女優人生の始まりにふさわしいのでは?

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする