生駒里奈さん、センター 復帰に向けての心境。ネガティブを超えた彼女の現在。

ここで取り上げるまでもないほどの人気者ですが、あえて!
いってみましょう。

乃木坂46の生駒里奈さんですね。
かつて、乃木坂46のセンターを5期連続で務めた
文句なしのトップスターで、乃木坂46といえば、彼女、と
いうくらいの実力と知名度を誇る彼女です。

センターまで

生駒里奈さんはファーストシングルの「ぐるぐるカーテン」から
5thシングルの「君の名は希望」まで、不動のセンターでした。

ただ、最初は吉本彩華さんが暫定選抜のセンターという措置がとられており、
「なぜ自分が?」と、センターを務めることにとても迷いがあったそうです。
2012年に乃木坂46の2ndシングル「おいでシャンプー」のカップリング曲「水玉模様」で
ソロを初めてやったあたりから、自分にできることにきちんと取り組む、というふうに
思えるようになった、と語ってらっしゃいます。

そして6枚目のシングル、「ガールズルール」において
白石麻衣さんとセンターを交代しました。
こちらも押しも押されぬ、ですよね。
熾烈なオンナの戦いがあった、というわけではなく、
生駒里奈さん本人はがっかりもせず、へこたれもせず、
ただひたすらにプレッシャーからの解放を楽しんでおられました。

経験を積むにしたがって、プロ意識もどんどん高くなり、
最近、体幹トレーニングも採り入れてダンスのスキルアップが
加速しているそうで、すばらしいですね!

レベルアップは別な場面でも見られます。FNS歌謡祭において、
欅坂46のサイレントマジョリティーを
生駒里奈さんがセンターのバージョンでカバー。
その見事なパフォーマンスで絶賛されました。

50万回以上再生を二か月足らずで達成しちゃってます。
やっぱり国民的アイドルグループってすごいです。。。

まあ、裏事情というほどではないですが、
欅坂46のセンターである平手友梨奈さんの年齢制限のため、
この時間帯の番組に出演できないという理由がそもそもの
企画の発端だったことはまちがいありません。

ですが、本来のセンターが決まっているのを
カバーするわけですから、注目度や、期待度はすごく
高かったわけで、きちんと結果を残したのは偉業だと思います。

センター復帰へ向けて!

3列目は個人的にやりやすいし、勉強にもなる、と
おっしゃっていた生駒さんですが、バラエティーで様々な
タレントさんと共演していく中、とても勇気づけられて、
再びセンターを狙う気持ちがわいてきたそうです。

乃木坂46のメンバーである以上、センターになる資格はあるわけで、
その上で、やりたいやりたくないじゃなくて、狙っていくもの。

そんなことをインタビューで答えてらっしゃいます。

素晴らしいですね!

生駒さんはネガティブ?

小学校のときの転校をきっかけに、凄まじいイジメにあったそうです。
ロッカーの中身をぶちまけられたり、いろんな経験をした彼女は、
センターポジションにいても自分がそこにいてはいけないのでは?
という低い自己評価に苛まれ、いっときは喉まで口内炎になったそうですね。

バラエティで、ご自身のネガティブトークを軽い口調で話しておられますが、
辛かったんでしょうね。だからこそ、ふたたびセンターを目指す!という
彼女にはがんばってほしいです。

バラエティでの共演はきっとものすごく大きなプラスだったんでしょうね。

現在は?

バラエティでの活躍、AKBとの兼任など、すごく経験値の高い
状態ですね。振り付けを必死で考えてパフォーマンスにも手を抜かず、
かつバラエティでは機転を利かせて対応する。。。
かなりのスキルですね。

センターだけでなく、タレントとしての活躍や露出が
どんどん増えていくことでしょう。

さいごに、彼女のキャラや人生をひとことで表した
素晴らしいキャッチがあったので、それを紹介したいと思います。

生まれながらにして主人公体質な
グループの看板役者
BRODY Vol1より

金髪にしたりして、どんどんイメージが変わっていく生駒さんですが、
その先にはきっとセンター復帰があるんでしょうね。

出演番組情報です。

所さんのそこんトコロ
▼ソレ買って何を作る&
超危険な絶景温泉で天然記念物に出会う
2017年11月10日(金) 20時54分~21時54分

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする