神田うの、野村沙知代にビンタをくらった19年前。

スポンサーリンク

タレントの神田うのさんは、かつて、
98年1月にハワイで野村沙知代さんに平手打ちされたという事件が
ありました。

神田うのさんは野村さんの訃報に対しては沈黙しておられます。
うのさんは当時、野村氏が率いたヤクルト石井一久投手と破局後に、
親友である美川憲一とのハワイ旅行中だったそうです。

ショッピングセンターで偶然、野村沙知代さんとあったとき、
別れ際にで左ほおにビンタをされたそうです。
野村監督も、野村沙知代さんも、2人の交際に否定的だったのは確かだそうです。

うのさんはその後、沙知代さんと一切の交流はなく、
関係者によると訃報に接しても、話す言葉はなかったそうです。

ビンタの話の発生源は、ハワイから帰国した神田うのさんが
報道陣にコメントしたことだったそうで、

「沙知代さんに愛のムチをもらって、ビックリ。私、親にも叩かれたことなかったんで。」

とのこと。対する野村沙知代さんの言い分は、
私、会ったこともない。だそうで、
神田うのにはたくさんです。とも言ったそうで。

広告

まったくもって食い違っています。

まあ、会ってないはずはないですし、美川さんもいたわけで。

報道陣がうのさんに質問すると、その場でコメント修正して、
誤解です。叩かれてないです。仲良くしましょうって、握手しました。
だったそうで。。。

なかなかよくわからないですね。まあ、何かが隠されているのは間違いないでしょう。

しかし、当時の「週間女性」や、現場を目撃した一般の方からのタレコミによると、
どうやら事実みたいですね。

やりとりまでは不明ですが。。。


広告

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする