真飛聖さん。男性との接し方に悩む宝塚スター女優の恋とは。

スポンサーリンク

元宝塚の花組トップスターで、男役として

絶大なる人気を誇った、真飛聖(まとぶ せい)さん。

現在は女優として活躍中です。

2014年には、映画「相棒」で、笛吹悦子役、

2015年には、テレビドラマ「Dr.倫太郎」で、矢部街子役、

など、確実にメディア露出は増えてきており、キャリアアップが

よくわかります。

真飛聖さんの学歴と、宝塚入団のきっかけは?

出身校は朋優学院高等学校です。

真飛さんと、宝塚歌劇との出会いは、

中学3年生の時でした。

幼少のみぎりからバレエをされていた真飛さんでしたが、

背が高くなってしまい、バレリーナとしての表現において

苦労することがあったそうです。

バレエは厳格な芸術文化で、演者に対する要求も

歴史の中で磨かれ、残ってきた身体文化をもとにしてますから、

とても厳しいものなんですね。

そんな時、宝塚ファンの友だちから、宝塚歌劇の情報雑誌「歌劇」を

見せられ、受験を進められたようですね。

いい勧め方ですよね。悩んでいたことが、

逆に利点になるわけですから。特に男役においては。

それまで、宝塚のことは全く知らなかった真飛聖さんですが、

上記のポイントを意識されて、受験に挑むことを決意。

バレエもすごいですが、宝塚も西宮界隈での歴史、

阪急グループとともにはぐまれてきた過去をもち、

ハードルは非常に高い世界です。

真飛聖さんは2度目の挑戦で宝塚音楽学校に合格し、

スターへの切符をつかみました。

真飛聖さんの、宝塚でのキャリアと代表作

宝塚歌劇団に81期生として入団された真飛聖さんは、

「国境のない地図」で、初舞台を踏まれます。

同年、星組に配属。主演を獲得したのは、

1999年の「我が愛は山の彼方に」で、

厳しい審美眼を持つ宝塚ファンをうならせました。

2002年には「ヴィンターガルテン」で、朝澄けいさんとW主演、

2004年「花のいそぎ」では、単独主演。

宝塚での人気の高さがうかがえます。

2005年「落陽のパレルモ」「ASIAN WINDS!」で、

花組として初舞台を踏まれます。移籍しても人気はもちろんおとろえず、

評価も勝ち得ておられました。

2008年には、花組のトップスターが挑む

「メランコリック・ジゴロ」「ラブ・シンフォニーII」

で、もちろん主役を務めあげ、絶賛されました。

歌、ダンス、芝居と、三拍子揃って評価される方は

宝塚でもあまりいないそうです。

ファンサービスがとてもよいという声もあり、

実力に加えて人柄まで素晴らしい本当の意味での

スターだと思います。

本当に魅力ある方ですね。

真飛聖さんの宝塚退団理由は?

トップスターの座まで登りつめた真飛さんが宝塚を退団された理由を

述べておられます。

何も知らずに音楽学校に入り、

男役にも抵抗があった自分が、

男役も宝塚を100パーセント

愛せるようになった今だからこそ、

最も充実しているときに辞めたい。

全盛のうちに引退を決められました。

引退、宝塚でのキャリアについては

非常に満足なさったんでしょうね。

真飛聖さんはもちろんスターですが、

宝塚の枠内ではすべてやり切ったのでしょうね。

素晴らしい引き際だと思います。

ファンにとっては、もう、男役の真飛さんを見れないことを

非常に残念に思うでしょうが、まあ、

言ってみれば宝塚スターの辿る道のりとしては

こういうケースが多いですから、

ずっと支持されるでしょうね。

真飛聖さんの人柄ならなおさらですよね。

真飛聖さんは、結婚は?

真飛さんは、結婚されていません。

独身です。

メディア露出もこれから増えていく方なので、

交際報道も、今のところはありません。

これからはもっとチェックされるようになるでしょうけど。

真飛聖さんの彼氏は稲垣吾郎さん?成宮寛貴さん?違います。

SMAPの稲垣吾郎さんとの交際が噂されたこともありましたが、

これは根も葉もない、とまでは言いませんが、ない話でしたね。

根と葉に関しては、稲垣さんが

主演ミュージカル「恋と音楽II」のリハーサル時の会見で、

「お美しい方」
「僕の大好きなカサブランカの花のような方」

という真飛聖さんを評した言葉がもとになったものですね。

なお、稲垣さんは、「みんなで食事をしましたが、個人的には二人で行きたかった」と

とまでおっしゃっていました。魅力ありますもんね。

確かに、真飛聖さんの立ち居振る舞い、立ち姿、表情、スタイルなどは、

稲垣さんをしてカサブランカと言わしめるのにじゅうぶんな

美しさですね。

映画「相棒」で共演した成宮寛貴さんとも、交際の噂が

ありましたが、ネットで少し騒がれただけの話で、真実ではないですね。

いとうあさこさんと結婚について妄想・・・

「結婚はしたい」

と真飛聖さんはおっしゃっています。

バラエティ番組「人生最高レストラン」に、

いとうあさこさんと出演した真飛聖さんは、

かつては男性にどう接したらいいかわからなかったと

おっしゃっていました。遅咲き初心者マーク、と

ご自身のことを表現なさってました。

とてつもない実力の女優さんであり、スターですから、

男性側も近寄りがたいのでしょうね。

真飛聖さんの本名は?

真飛聖さんの本名は、

「山下裕子」(やました ゆうこ)さんというそうです。

愛称は「ゆう」だそうですね。

宝塚の下級生時代は、

「うんた」と呼ばれていたらしいです。

そのあだ名の由来を調べるとわかりました。

宝塚の雪組の えまお ゆうさんの

甥の「うんた」さんに似ていることが理由だそうで、

これは部外者は絶対わからない情報ですねww

ちなみに、えまお ゆう さん。

甥っ子も似てるんでしょうか。

ちなみに宝塚ネームの「真飛聖」の由来は、

真飛さんのお母様が読んでいた小説、

「マートブ! ―自由を求めて550日」の主人公の名前からだそうです。

そのまま、マートブですが、響きが気に入ったとのこと。

「聖」はお世話になった恩師の名前から、1文字もらったとのことです。

なんだか素敵なエピソードがありそうな

ネーミングですね。

字面もいいですし。

きっと大スター女優になって大活躍されることと思います。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする