松坂桃李、ヌーディ画像。娼年の演技に迫る。

スポンサーリンク

4月6日から全国ロードショーされる話題作。

R18映画といえば、この映画『娼年』ですね。

読んで字のごとしです。娼、婦人の婦、ではなく、夫と書く方ですね。

役名リョウ。主演の松坂桃李さんと監督・三浦大輔のコメントなどについてお届けします。

娼年とは?松坂桃李の役は?

広告

石田衣良の同名小説を映画化した本作は、リョウが仕事を通して、女性の繊細な心に触れ、人間として成長していきます。

松坂桃李さんも、共演の女性キャストたちも体当たりの演技で映画に挑んでおり、松坂桃李さんご本人もこの映画で、7、8年分の濡れ場をやった感じ、と言ったそうで。

相当なシーンがあったのは想像に難くありません。

松坂桃李さんと三浦監督は舞台版『娼年』でもコンビで作品を作り上げてきました。

三浦監督の「愛の渦」についてはこちら

また、本作の全ての男女のシーンは、事前に画コンテを作成し、それを基にスタンドイン(撮影の準備のために俳優の代理をする人物)によるビデオコンテをまず撮影。

さらに松坂桃李さんら出演者がそれをなぞり、入念なリハーサルを実施したうえで撮影されました。

三浦監督はシーケンスについて、「ひとつひとつの所作によって、どういう感情がうまれて、それを積み重ねることによって、人と人の間にどういうコミュニケーションの形が発生するか、丹念に細かく、解像度を高めるように、演出しました」と演出の狙いをあかしておられます。

これまでの日本、いや世界的に見ても、見られなかった、稠密な“肉体のコミュニケーション”をあますところなく大スクリーンに描き出す。

その試みは、ポストプロダクション、つまり編集の段階でもさらなる追い込みをかけています。

「ここまで精神的に追い込まれた現場は初めてかもしれません」と松坂桃李さんは語りました。

松坂桃李さんの演技と評価

この映画のプロデューサー、小西啓介氏は、松坂桃李さんの役者としてのありかたと、オフのひとりの人間・松坂桃李さんとしての在り方のバランスのよさに感心したそうです。

「これはちょっと……という気の迷いがほんの少しでも出たらこの役は出来ないと思います。丸1日延々と情を交わし続ける撮影で、かつ、卑猥な台詞や過激な描写もこなさなくてはなりません。それに、まったくひるまず淡々と取り組む。

肉体的なハードさが要求されるシーンのさなかにあっても、主役のちょっとしたかすかな感情の揺れ動きも演じておられます。本当に大変だったと思います。主役が娼夫の仕事をやり切っているという設定、と松坂桃李という俳優が演じる上で役を全うしていることが、オーバーラップして実に感動的でした」

と述べておられます。

凄まじい演技力だったのでしょう。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする