ミムラ、現在の旦那と、昔の結婚・離婚。休業から女優業復帰まで。

スポンサーリンク

2003年に公募オーディションで女優デビューのミムラさん。

2006年に最初の結婚、のち2010年に離婚。そして2013年に現在の旦那さんと再婚。

ここでは西郷どんで活躍中のミムラさんとその離婚原因、
現在の再婚相手や子供さんについての情報を紹介します。

ミムラさんの本名と女優デビュー

ミムラさんの本名は小暮 里江さんです。

ミムラさんは、2003年に月9「ビギナー」の公募オーディションで
主演女優の座を射止めて、デビューを果たしました。

といっても、もともと高校時代にスカウトされて事務所に所属してたそうです。

まったくの一般人と思っていましたが、違うようですね。

とはいえ、オーディションで選出された一般人というイメージでした。
しかもメインキャストでしたから、話題になりましたね。

ミムラさん、休業の理由。

ミムラさんは華々しいデビューで活躍しました。

ですが、演技力の低さなどに悩んだそうです。

たたき上げの女優さんではなかったゆえの、深い悩みだったのです。

そして2006年末から2年程度一時女優業を休業。

広告

インタビューで、ミムラさんご自身が休業理由などを語りました。

・自分より上手な女優さんがたくさんいる。
・業界のイロハもわからず、勉強の機会がほしかった。
・演技、スチール写真撮影、インタビューなど、できないことだらけだった。

社長に辞職を申し出るも、一時休業という扱いでストップになったということです。

理解ある事務所ですね。

公募選出といい、恵まれた環境ではあったんでしょう。

休業期間にご自身の内面を表現しておられます。

私自身の内側からお芝居という仕事に惚れた。

でも休業して外側から好きになれた。

改めて芝居の魅力に気付いたミムラさんは復帰します。

恵まれた環境だったのに、何を怖がっていたんだろう。

再デビューのつもりで一から出直そう。

あの頃の葛藤や経験が今の自分に役立っている。

今は本当にお芝居が好き。

デビューも復帰も、人それぞれですね。

ミムラさんと元旦那の離婚原因

14歳年上の在日韓国人3世で指揮者、金 聖響さんと結婚なさいました。

ちなみにこの方、ミムラさんとの離婚後、バイオリニストと再婚しています。

結婚のきっかけは映画での共演でした。

2005年公開の映画『この胸いっぱいの愛を』で金さんが指揮者。

ミムラさんが難病を抱えたバイオリニストとして共演。

写真誌で熱愛が報じられたのち、同年11月に入籍しました。

ミムラさんは金さんの大ファンだったそう。

映画出演をきっかけに金さんのコンサートに通って猛アプローチ。

べたぼれで口説き落としてゴールインとなりました。

休業中に金聖響さんと結婚したようです。

ミムラさんと金さんの離婚原因は?

二人は仕事の関係でスケジュールが合わず。多忙によるすれ違いでした。

実力ある指揮者は、海外コンサートも多いです。

仕事に前向きでいるための円満な離婚でした。

子どもも慰謝料などの問題もありませんでした。

売れっ子指揮者として海外を飛び回る金さんは家にあまりいませんでした。

ミムラさんは離婚を決意したっころ、すでにドラマ『斉藤さん』で女優復帰していました。
離婚するので、どんどん仕事します、と宣言していたという話もあります。

芝居のおもしろさに気づいたこともあったんでしょう。

ただ、週刊文春で報じられたこともありましたが、金さんは、

お金の面で問題があったという報道がありました。

ミムラさんがお金を貸していたともいわれています。

お子さんもいないようで、円満離婚でよかったですね。

ミムラさんの再婚と現在。子供は?

円満とはいえ、離婚のショックは大きかったそうです。

ただ、演技をするうえでは本当に役立っているとのこと。

たくましい役者魂ですね。

そんな離婚後のミムラさんを支えてくれたのは、現在の再婚した旦那さんだったのかもしれませんね。

ミムラさんは30歳を前に、一般男性と再婚しました。

自営業だそうです。

もちろん一般の方なので画像やお名前などはわかりません。

ミムラさんはブログの中でその人柄を語っています。

・年上の一般人。
・性格は『俺物語!!』の猛男くん。
・仕事への理解もある。
・子供はいない

以上を明かしておられます。

ミムラさんと再婚相手の間にも子供はいないとのこと。

ご本人からも言及はありません。

現在はドラマ出演など、私生活もお仕事も絶好調なようです。

西郷どんでの好演が楽しみですね。

広告


スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする