南克幸は社長で年収は?バレー選手を引退した南さんの敵はヒアリ?

今回は爆報フライデーについて、内容をご紹介します!

爆報!THE フライデー【あのイケメン美女は今…大追跡SP】
2017年10月20日(金) 19時00分~20時00分

▼2mの長身で大活躍した元バレーボール全日本のイケメンMは今…
巨大な??で年商100億円を稼ぐ社長に転身!
さらに今日本中で問題となっているヒアリの恐怖と闘っていた!

予告情報を見る限りでもっとも気になる出演者、南克幸さんを取り上げたいと思います。

この番組、視聴者目線で考えたとき、確かに、「あの人は今何しているのだろう?」と
言う人を取り上げるんですよ。完全に忘れてはいない、でも言われると、ああ、確かに、
何やってんだろう、昔いたな、そんな人、と思わせるチョイスの人選で、
うまいなと思わされます。

今回取り上げるのはバレーボール選手として活躍された南克幸さんです。

今回出演されるのは、南克幸さんです。年商100億円の社長?ヒアリと戦っている?
などなど、調べてみました。

南克幸社長の会社とは?

創業120余年、神戸市に本社を置き全国各地に支店、営業所を配置し物流事業を
総合、有機的に展開する、加藤海運グループです。

資本金8000万の会社の代表取締役ですから驚きです!

自分で起業して成功させるだけでもすごいですが、
それ以上といっても過言ではないでしょう。

バレーボール選手として成功しているということは、
人より多くの時間をバレーボールに捧げてきたわけです。

それだけの時間をささげてなお、セカンドキャリアで大成したわけですから、
こんな偉業はありませんよね。

ヒアリ対策

海運業ですから、例のヒアリにはかなり慎重な対応をとられているでしょう。

ベイト剤(殺虫餌)の設置する等、対象からの定期コンテナ航路を有する港湾では、
地方環境事務所と調整の上、このコンテナを取扱うヤードと
その周辺区域にベイト剤(殺虫餌)を
要請されているようです。

南克幸さんの年収は?

まず歴史ある会社ですし、非常に安定した業績です。

末端の求人価格では20万いかないくらいですが、
物流業界での位置づけと責任を考えると、1000万ではないと思われます。
まあ、2000万は超えない、という程度ではないでしょうか。

南克幸さんはなぜバレーボールを引退したのか?

バレーボールは体力をテクニックでカバーできる割合が少ないです。
絶対的に要求されることが他とちがうのです。
ドリブルなどは、テクニックやかけひきに頼ることもできますが、
バレーボールはコートがわかれており、高いネットでさえぎられています。

高い位置から打ち下ろされる打球への対応力が試されますから、
常にパワーやスピードや反射神経が降るに活動する必要があるんですね。

そういう厳しい一面があるバレーボールですが、
実は競技だけではないんです。

例えば野球なら、解説者やコーチなどの受け皿は
他のスポーツに比べて多くあります。

バレーボールはもちろんマイナースポーツとは言えませんが、
セカンドキャリアは野球ほどに選択肢があるわけではないでしょう。

上記にも書きましたが、すでに膨大な時間を専門種目に費やしており、
しかもそのスキルを活かせない一般企業で成功するというのは、
誰が考えてもかなり難しいですよね。

ですが、誰にも引き際はやってくるものです。

引退については、こういう経緯だったようです。

バレーボール人生を懸け、故郷への恩返しのため、北京五輪代表入りを胸に2年間、大分でプレー。
期限は北京五輪まででした。この旭化成からの出向期限切れと、
北京五輪代表メンバー落ちが引退の決定的理由だったのでしょう。
「北京に向け体づくりをしてきた。ここまでやって代表から落ちたなら何の悔いもない」
「物心ついた時から目標だった父の命日(4月7日)に心で誓った」とのことです。

父はミュンヘン五輪金メダリストの南将之さんでした。

色々思うところあったんでしょうが、
立派な人生だと思います。

セカンドキャリアや、人生の展開など、いろいろ考えさせられることまちがいなしの
番組内容になりそうです。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする