満島ひかり、所属事務所から独立。移籍ではなくフリーに。

スポンサーリンク

女優の満島ひかりさんが所属事務所『ユマニテ』から独立なさいました。

公表は、所属事務所によるものです。

《このたび、満島ひかりが弊社の所属を離れ、フリーとして活動をしてゆくことになりましたことを、お知らせいたします》

というのが所属事務所のHPで「満島ひかりについてのお知らせ」として発表された内容です。

《映画、ドラマ、舞台など素晴らしい作品に恵まれ、またそれらの作品に真剣に取り組み続け、走り続けてきた満島ひかりですが、ここに来て、一度立ち止まりこれからを考えてゆこうと話し合う過程で双方誠実に向き合い生まれた結論です》

素晴らしい演技力を評価されてきた女優さんで、中でも「愛のむきだし」で見せた鬼気迫る表情はとてつもない迫力でした。

満島ひかり、事務所の移籍はある?

広告

プロダクション傘下での活動ではなく、すべて自分の責任のもと、自由に独りでやってみたいというのが満島ひかりさんの今後の方針だそうです。

ですから、新しい事務所で活動を続けるのではなく、全くちがった自由ないち表現者としての活動形態をとるようですね。

ただ、今までの所属事務所としては、今後ともできる限りのサポートを続けるという方針をHP上で明らかにしています。

事業協力、協賛的なポジションでしょうね。

勇気ある決断だと思いますが、確固たる演技力に支えられた満島ひかりさんの実力が、新たなステージで見られることを期待します。

キリンCMは継続?

CM総合研究所が発表する銘柄別CM好感度ランキングで、キリンの「一番搾り」が6位にランクインしました。味覚とパッケージデザインをリニューアルしたのにあわせたCM展開でしたが、堤真一さん、鈴木亮平さん、石田ゆり子さんらに加えて、満島ひかりさんも入っていました。

非常に好評なCMですし、満島ひかりさんが退所してもオンエアは続きそうです。

満島ひかりさんだけでも、おでん屋と寿司屋というふたつのバージョンがありますから、さらに増えてもおかしくないですね。

おでん屋台で料理を楽しみながら、ビールを飲む満島ひかりさんの表情が素敵です。

聞き覚えのあるBGMはジャズサウンド、グレン・ミラーの「茶色の小瓶」の替え歌を、料理名などで替え歌にしたもの。

思わずテンションが上がってお店や酒屋に生きたくなるようなCMに仕上がっていると思います。

寿司屋バージョンでは、大将が楽しそうに話しているのに気を使いながら、でも早く食べたくなって「そろそろ握ってよ!」と待ちきれずに行ってしまう満島ひかりさん。

美味しいものを早く食べたい!という勢いや気持ちが伝わってきて、こちらもその気になります。

本当に食への楽しみをうまく掻き立てるCMだなと思います。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする