森川葵はドラマやA-studioで御馴染み!「渇き」から坊主までおさらい!

キャラクターや世界観という意味で、少し変わった雰囲気を持つ方っていますよね。
この方はまさにそういう感じで、女優さんとしてはこれから伸びていくと思います。
雰囲気があるってことは演じる方にとってすごく大事な要素です。

森川葵さんです。髪型は金髪やボブから坊主まで、幅広くチェンジされており、
最近は、実力派の俳優さんに混じって映画にも精力的に出演されてます。

それでは今までの森川葵さんについておさらいしてみましょう!

経歴

1995年6月17日の22歳。愛称はもりりんだそうです笑
2010年、ファッション雑誌『Seventeen』の専属モデルオーディションで「ミスセブンティーン」に選ばれています。

2015年10月、フジテレビ系ドラマ『テディ・ゴー!』で連続ドラマ初主演。
2016年4月から2017年3月まで、トーク番組『A-Studio』のアシスタントを務めておられました。

笑福亭鶴瓶さんとのかけあいもばっちりでした。
余談ですが、この番組は事前アンケートをとっていません。

番組の方針だったそうで、笑福亭鶴瓶さんご自身の取材や興味を聞いていくそうです。
ですので、事前準備ができません。その中でゲストや笑福亭鶴瓶さんに合わせていくのはトークセンスのなせる業ですね。
鶴瓶さんから「肝がすわっているので大丈夫』とお墨付きをもらったそうです。
「本当に少しだけですけど大丈夫なんだって思いました」

坊主にしたときのこと

映画『チョコリエッタ』では役作りで、肩まであった髪を約30センチ切ってなんと丸刈りに!
「髪の毛が傷んでいたので、じゃあいらないって思って。ちょうど丸刈りにできて、ラッキーでしたね」
だそうです!

思い切りのいい人ですね。
女優魂とは違うかもしれませんけど、女優的な発想だなあと思います。
「できるなら、作品ごとにヘアスタイルも変えたい」
とも発言なさってますしね。

『おんなのこきらい』ではロングヘアに。
『硝子の葦』では金髪、
『She』ではベリーショートです。

演技に対しての評価は非常に高く、憑依系女優やカメレオン女優と呼ばれているそうです。

ここで彼女が評価をあげた映画について見てみます。

映画「渇き」

役所広司さんが主人公です。かつては係長だったこともある刑事、現在は警備員。
そんな彼が娘を探すためにいろいろなところへいき、
まあ、いろいろなことをするという過程が映画となっています。

このいろいろ、の部分にはかなりショッキングなシーンも含まれているわけですので、
ご注意ください。

ここに出演する森川さんはなんと、
中毒者を演じておられます。

なかなかの役柄です。

こんなにキュートな方が、、、とも思いますが、
だからこそのチョイスだったんでしょうか。

この作品の舞台挨拶が、当年の7月15日のおこなわれましたが、
出演者の中でも若手俳優陣は全員浴衣で登壇したんです。華やかでいいですよね。

森川葵さんは、主演の女優さんに惹かれていく、という性格も演じていらっしゃったんですが、
「持っているものがすごい。自分なのか、役柄なのかわからないくらいに惹かれて演じました」
とコメントしておられます。

カメレオンと評されるのにも納得のエピソードですね。

ドラマ監獄学園では、さらにハードな役どころ。
キスシーンなども熱演しておれあれて、必見の一本ですよね!

今後の活躍に期待です。
直近のテレビ出演情報として、以下をあげておきます。
ぜひ、ご覧ください。

ありえへん∞世界 知らないと恥ずかしい!?セレブの常識検定 2時間SP
2017年10月17日(火) 18時55分~20時54分
http://www.tv-tokyo.co.jp/ariehen/

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする