中山忍と渡瀬恒彦が交際?その原因と、結婚、さらに現在の代表作まで!

スポンサーリンク

片平なぎささんの次でしょうか?
今や2時間ドラマの女王!といえばこの女優さんですよね。
中山美穂さんの妹さんでもあります。

中山忍さんのデビューのきっかけは、姉である中山美穂さんの見送りで空港まで
行った時、中山美穂さんの事務所のスタッフが、才能を見抜いて声をかけたのが
きっかけだそうです。
あるんですねー、そんなこと。

身内からの芸能界入り

1988年に女優デビュー。この時デビューの同級生は
島崎和歌子さん、マルシアさん、田村英里子さんなど。

芸能界的には、豊作だったんでしょうね!

新・2時間ドラマの女王

サスペンスドラマの二時間枠といえば、
今も昔も安定した人気がありますが、現在、中山忍さんは、
新2時間ドラマの女王とまで言われるようになりました。

昔は、姉である中山美穂さんのような、
超絶的な美人というわけではなく、
家庭的なかわいらしさや、あったかさを感じさせる表情や役柄が
多かったっですよね。

陰に隠れた部分もあったかもしれません。
中山美穂さんはすごい人気でしたから。。。

でも、そういうキャラクターっていうのは、
家族や身内での思惑が絡んで事件に発展する
二時間サスペンスドラマの作風において、
すごく使いやすい機能だったと思うんです。

不幸な境遇で、打開するためにやむなく事件を
起こしてしまうが、嫌悪感をもたれない犯人像。

見た後の満足感にもつながるでしょう。

あまりにも飛散だとテレビ向けではないですしね。。。

そして、このへんの事情が今なお、ある噂の
発生を止められない原因ともなっています。

渡瀬恒彦さんと交際していた?

2時間サスペンスでよく刑事を演じられていた
渡瀬恒彦さんと、何かしらの因縁があったのでは、、、
という噂があります。

渡瀬恒彦さんがよく演じていたのは、時刻表トリックでおなじみの
十津川警部ですが。。。

刑事ドラマに中山忍さんが出たときは、
だいたい犯人役で、渡瀬さんに逮捕されることが多かったというのも、
噂の裏付けのように語られています。

また、渡瀬さんの訃報の際、中山忍さんがネットでコメントなさいました。
渡瀬さんとの思い出をしのんだ一文のイメージも、
この噂をさらに広めたようですね。

さらに、中山忍さんは、2016年に
「じっくり聞いタロウ」
という番組で、過去に大物俳優と半年ほどの交際経験があると
ご本人がおっしゃったんですね。

これらの経緯から、上記の因縁説がうまれました。

若い頃の共演とのことでしたから、実際に渡瀬さんかと
言われると微妙鴨しれませんが、他に有力な
可能性がある俳優としてピックアップされたのが、

保坂尚輝
石黒賢
布施博
松方弘樹

でしたね。高岡早紀さんや古村比呂さんもいましたから、
決定的なことはないでしょうし、あっても出ないでしょうね。

そんなことから渡瀬さんが有力とされたんでしょう。

タクシードライバーやおみやさんなど、けっこうな数の犯人を
中山忍さんは演じてこられました。

罪を犯した女性として、渡瀬さんに何度もつかまえられた、
とブログでもおっしゃってたほどです。

渡瀬さんは家庭もおありですし、
きっと尊敬できる大先輩だったのでしょう、おそらくは。

現在、結婚は?

ネットでの噂ですが、天然な性格が原因で結婚できないというのがありますね。
これは前述の、かわいらしさとか家庭的な雰囲気がそうさせただけで、
実際天然かどうかとはまた違う気がしますね。
女優一筋なところも天然ではない気がするんですが。。。

経歴を見ても女優業を最優先してきたキャリアが見て取れます。

まあ、女優業に専念していて結婚はしていないと
いうことではないかと思いますね。

とか、女優としての仕事に専念したいからといったことが噂でささやかれているようです。

中山忍さんの代表作は?あえて。。。

かつて、中山忍さんは研究員という役を演じてました。
しっかりしてて、芯のある女性。

彼女の役柄の中では珍しいラインナップだと思うんですが、
主人公のお姉さん的な、保護者的な位置づけとして
絶望的な状況の中奮闘する姿は、未見のファンには是非見ていただきたいです。

ガメラ大怪獣空中決戦と、ガメラ3-邪神覚醒の2本です。

若いわけではない、でも、今のような年齢でもない彼女が
仕事に誇りをもってがんばる姿は必見です。

好みがわかれる映画かもしれませんが、
中山忍さんを応援したいという理由で、紹介させていただきました。

では、大物俳優との因縁が聞けるかも?な情報です。

爆報!THE フライデー
【2時間ドラマ名優の因縁&あの人は今…大追跡SP】
2017年11月17日(金) 19時00分~20時00分

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする