日大タックルの裏に理事長あり。山口組と維新の党の確執?【証拠写真】

スポンサーリンク

ますます白熱化する日大問題。

ある説がまことしやかに論じられています。

日大が反則タックルをしかけた関学の選手は維新の党議員の息子さんでした。

そんな中、こんな写真が浮上してきました。

日大理事長と山口組の司忍氏の写真

懇意なのは間違いないようです。

この写真が流出したしたのは、昨日今日のことではありません。

しかし、問題ある写真です。

何せ、教育機関が反社会的勢力と懇意であることを裏付けているわけですし。

日大タックルの裏の意図

広告



この写真を問題視して、維新の党議員が文科相に調査を依頼しました。

これについての報復として、維新の党議員の息子である、関学の選手を潰すために、日大の選手を使ったというのです。

懇意なのも、問題があるのも事実でしょう。

しかし、反社会的勢力からの圧力がもし仮にあるならば、被害者選手の父である議員の方にはもっと妨害や圧力がうまれ、現在の状況ほどには発現できなくなっている可能性が大きいようにも思えます。

強引に試合を組むこともおそらくは無理があるかと思います。

脅迫の意図なら、何も試合でやる必要もなく、夜道など、他にも手段はあったでしょうから。

しかし、見逃せない写真の浮上であることはまちがいありませんね。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする