雨宮正佳氏、日銀総裁の後任か?黒田氏再任後、登場の可能性。

スポンサーリンク

安倍晋三首相はNHKの報道番組にて、

1日も早くデフレ脱却宣言ができるよう、あらゆる政策を総動員したい。

とコメントし、デフレからの早期脱却を目指しています。

しかし、4月に任期満了を迎える日銀の黒田東彦総裁の後任人事については明言しませんでした。

デフレ脱却宣言の時期については「今年中とは言えない」とのこと。

安倍晋三首相は政府と日銀が協力して動くことで、デフレではないという状況を短期間で作り出すことができた、と言っておられます。求人倍率などの改善を根拠に、

政治の最も大切な責任である雇用の創出において政府と日銀は結果を残した。

とも語っておられました。

広告

物価安定目標についてはまだ達成されていませんが、日銀は目標達成へ取り組むことを期待している。

とコメント。

日銀総裁の後任は?黒田氏か、雨宮正佳氏か。

現在の総裁、黒田総裁について

金融政策についての期待に応えていただいている。

と述べられた安倍総理。

引き続き黒田氏に期待するが、その後の人事については白紙。

だそうです。

黒田氏自身も後任についての話はありませんと言ってます。

4月以降は誰が後任を務めるんでしょうか。

黒田氏を再選する可能性もあります。

期間ピッタリで交代すると、その人事についての意見や推測が世間にあふれ、市場に不測の事態がおきやすくなることを懸念する可能性があります。

政府と日銀が、このタイミング、という適切な頃合いで交代を実施する、という見込みも、ある意味では信ぴょう性があります。

この意味では黒田氏が日銀総裁に再任し、次期途中で交代となります。

財務省OBまたは日銀プロパーが変わりばんこに総裁の地位につくのは可能性として高いです。

広告

つまりこういうことです。

安倍総理は現在、日銀総裁の後任の人事については白紙としていますが、4月に黒田氏は日銀総裁として再任される。

日銀プロパーである雨宮正佳氏を次期副総裁のポジションにつけ、黒田総裁自身は4月から2年ほど、もしくは1年でも、あるていど時期が過ぎたら退任して雨宮正佳氏が総裁になる、というシナリオになるんじゃないかという声があります。

黒田氏の後任はいったい誰になるんでしょう。

4月になるまではわかりませんが、引き続き調べていきたいと思います。

広告

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする