任天堂法務部,最強の力を白猫コロプラへ。マリオカートの仇?

スポンサーリンク

最強の任天堂法務部、マリカーリベンジでコロプラか

「マリカー」商標止められず、任天堂の異議却下というニュースがありました。

最強と謳われた任天堂法務部の申立を見てみましょう。

登録されるべきでない商標が登録されたとき、権利を有すると考える人が登録の取消を請求できる制度が異議申立です。

マリオカートのコスプレ付きレンタルカート業者の株式会社マリカーが所有する「マリカー」の登録商標。

これに対して任天堂法務部は異議申立を行ないましたが、それが認めらませんでした。

つまり、任天堂を差し置いて、レンタルカート会社の登録が維持されたんですね。

最強と言われる任天堂法務部ですら成しえなかったのはなえか。

当然ながら、任天堂は「マリオカート」を商標登録しています。

「マリオカート」と「マリカー」が商標として類似することを主張することは難しいという見方だそうです。

広告

そうか?と思いますね。

でも、そもそも、マリオカートの登録には「車両の貸与」は当然ながらありません。

なので、類似先登録を理由に取消できる可能性が低かったんでしょう。

よって、任天堂法務部は商標法4条1項15号と4条1項19号を主張の根拠に据えました。

15号 他人の業務に係る商品又は役務と混同を生ずるおそれがある商標(略)
19号 他人の業務に係る商品又は役務を表示するものとして日本国内又は外国における需要者の間に広く認識されている商標と同一又は類似の商標であつて、不正の目的(略)をもつて使用をするもの(略)

これで言うと、任天堂法務部は、

「マリカー」が任天堂の商標として周知になっている

を立証しなければなりません。
そのため、任天堂法務部は多くの文献提出を行いました。

これに対して特許庁は「MARIOKART」と「マリオカート」は周知、
「マリカー」は周知ではない。

マリオカートとマリカーは類似しない。

ので、任天堂の主張は認められないというものでした。

それほど一般的な言い回しではないのでしょう。

マリオカートのヘビーユーザーが使うという感じですね。

でも、一回聞いたらわかるというか、カート見たらわかると思うんですが。

まあ、一般的事情を鑑み、下された決定ですから正しいですね。

最強の法務部門を持つとも言われている任天堂は、現時点で3,500件以上のの商標などを持っています。ポケモンの名前も全てです。

アメリカのファミコン、NES(Nintendo Entertainment System)
SUN&MOON(ポケモン、サン・ムーン)
スーマリ(スーパーマリオブラザーズ)など。

「マリカー」だけは押さえていなかったのですね

やはりヘビーユーザー向けの呼称だったんでしょうか。

もしくは、申請直前だったか。

マリカー社が「マリカー」という商標を使う上のは問題ないわけです。

ただ、マリオのコスチュームについては別の裁判となります。

もちろん最強の任天堂法務部が強力な根拠を用意するのは想像に難くありません。

任天堂法務部、最強の名において白猫コロプラに賠償請求

コロプラはスマホ向けアプリゲーム「白猫プロジェクト」に関し、特許侵害の訴訟を提起されたと発表。

任天堂法務部は同ゲームの差し止めと44億円の損害賠償などを求めています。

コロプラ側によると平成28年に任天堂から特許権侵害の指摘があったそうです。
1年以上にわたり、特許侵害していないと主張。
しかし折り合いませんでした。

コロプラ側は、

任天堂の特許権を侵害する事実は一切無いものと確信している。

本件が当社グループの業績に与える影響を現時点で見通すことは困難である

とのこと。

対して最強と言われる任天堂法務部の主張は、

タッチパネル上でジョイスティック操作をする際の特許技術

だそうです。

指1本で行える簡単操作!のうたい文句で登場した、ぷにコンのことですか。

指でスライドさせるだけで、 キャラクターを自在に動かせる、素晴らしいインターフェイスです。

ただ、ゲームのルックスとして、マリオカートに似ているのも確かです。

先のこともあって、特許技術でもって申し立てているのかもしれません。

白猫プロジェクトはもともと、マリオカート要素は少なかったですし。

任天堂法務部、マリカー問題を踏まえたコロプラ?

これは行き先を見守るとわかってくるでしょうね。

コロプラは、おそらく世間の声に注目するでしょうから、ファンの評価の中で、今後の方向性が浮かんでくるのかなと思います。

広告

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする