大竹しのぶの長男・二千翔の職業!子供たちへの明石家さんまの優しさ。

スポンサーリンク

大竹しのぶさんは国民的大女優で、演技の実力やコケティッシュな
魅力など、どこをとっても魅力的な女優さんです。

娘さんのIMARUさんは有名ですが、息子さんについてはそんなに
知られていないですね。そんな息子さんの職業などについて調べてみました。

まずは大竹しのぶさんのことを、最近知った方にも
わかるよう、細かい情報もフォローしてみます!

大竹しのぶさんとはどんな人か。

大竹しのぶさんは、東京都出身で、1957年生まれ。
東京都立小岩高等学校から桐朋学園芸術短期大学の演劇学科専攻に進学されたのち、
同校を中退しています。
1973年に、テレビドラマ「ボクは女学生」でデビューのち、
NHKの連続テレビ小説「水色の時」に大抜擢。この時代、NHKの連続テレビ小説は
今よりもっと国民の注目度が高く、出演獲得は大きな快挙でした。
そのため、グングン人気が出て、映画「青春の門」にも出演。
女優として話題になることがたいへん多かった方です。

大竹しのぶさんの最初の結婚は、1982年。夫となる男性は、
TBSでドラマを監督していた服部晴治でした。
ですが、長く一緒にいることはありませんでした。。。


この方がお亡くなりになり、大竹しのぶさんは未亡人となります。
翌年に、皆の人気者である明石家さんまさんと結婚し、
1989年に長女のIMALUを出産しますが、1992年に離婚しています。
これがかの有名な、さんまさんのバツイチ会見ですね。

ひたいにバツが小さく書かれていますが、

記者にイジられず、自分でバツですよ、と言っておられました。

翌年には、篠山紀信が撮影したヘアヌード写真集「闇の光」を出版したり、
バラエティへの露出が増えたりと、タレントとしての活動も増えました。
このあたりは、明石家さんまさんとの話題が呼んだ部分もあったでしょうね。
なんと、2016年には、歌手としてNHK紅白歌合戦に初出場も果たしてらっしゃいます。

女優も歌手も一流の、才能ある方ですね。

大竹しのぶさんの紅白歌合戦について。初出場の評価は?

紅白出場が決まった時、娘さんのIMALUさんからは「スゴイ!」と喜ばれたそうです。
当然ですよね。国民的な大イベントですから。
でも、明石家さんまからは連絡がなかったとか……。
さんまさんは、ご自身がどういう番組に出るかは
厳しいポリシーをお持ちですから、大竹しのぶさんの紅白初出場を笑いに
変えたくなかったのかもしれませんね。

主演舞台「ピアフ」で歌った、エディット・ピアフの「愛の讃歌」を抜群の歌唱力で
観客をうならせました。
エディット・ピアフは、シャンソン歌手としては非常に有名で、
「愛の讃歌」は、世界中で歌い継がれる名曲です。

大切な人をなくし、悲嘆に暮れていたとき、大竹しのぶさんは、ずっと
「愛の讃歌」を思い出してきたそうです。その思い入れもあって、
紅白歌合戦のリハーサルでもつい涙してしまったそうです。

ピアフの気持ちを素直に伝えたい、とコメントしてステージに挑んだ
大竹しのぶさんのパフォーマンスは、大絶賛されて成功のうちに幕を閉じました。
真摯な気持ちでピアフの歌と向かい合った結果だと思います。
その年に公開された映画「後妻業の女」では、日本アカデミー賞主演女優賞を
受賞されています。
年齢を重ねても、快進撃は止まりません。全身から才能があふれているんでしょうね。

大竹しのぶさんの息子・二千翔さんの読み方や、職業など

二千翔と書いて、にちか と読みます。

明石家さんまさんとは再婚で、当時大竹しのぶさんは、
お亡くなりになった服部晴治さんとの間に生まれた二千翔さんを連れていました。

二千翔さんは、とても優秀な方のようで、早稲田大学高等学院を皮切りに、
最難関高校を5つ受けて、全て突破したんだとか。東京の話ですから、
その難易度や競争率は半端ではありません。
最終的には慶応義塾大学を卒業して、アメリカで一年過ごしました。
現在は、大竹しのぶさんの芸能事務所で働いているそうです。
大竹しのぶさんのマネージメントに加えて、昔は妹さんであるIMARUさんの
マネージメントもしていたそうです。
現在はIMARUさんは事務所を変わっています。

明石家さんまさんの、やさしさ。

IMARUさんは、明石家さんまさんのことを、ボスと呼びます。
明石家さんまさんの発案によるそうで、これは、
連れ子と実子を区別することがないよう、
お父さんと呼ばせず、ボスと呼ばせたとのこと。

やさしさも感じられますし、ちょっとオシャレな感じもします。
さんまさんは粋な方ですね。

大竹しのぶと明石家さんまさん。「復縁、ない!」という二人がおもしろい!

離婚後も、明石家さんまは、大竹しのぶさんのものまねで
笑いをとっていました。
離婚後に、大竹しのぶと明石家さんまが、鶴瓶さんを司会に
トークするという伝説的な企画もあって、非常に見ごたえがありました。

元夫婦ならではのトークで、しゃべりまくるさんまさんとウソを暴く
大竹さんのかけあいは常に笑いを呼びます。

離婚後は、それぞれに恋愛のうわさがありますが、
お互いに再婚することなく現在に至っています。
また、明石家さんまさんは、元家族との関係を非常に
良好に保っておられ、子供たちと一緒に食事することもあるそうです。

仲が悪いようには見えない大竹しのぶさんと明石家さんまさんですが、
今の距離感が、ちょうどよいんでしょうね。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする