大谷玲凪、「わた鬼」終了からバレエにはげむ現在。

スポンサーリンク

大谷玲凪さんは、かつての人気テレビドラマ「渡る世間は鬼ばかり」キャストでした。

略して「わた鬼」。

長寿番組でしたし、出演したらいっきに認知されるドラマでもあります。

香取慎吾さんとツーショット写真で有名(画像アリ)な、
橋田 壽賀子さんの代表作でもあります。

長セリフの多用でも有名でした。

この番組に、4姉妹の末っ子である藤田朋子さんが出ておられました。役名は長子。

大谷玲凪さんは長子の娘、本間日向子として出演なさっていたんですね。

ちなみに、彼氏役は菊池風磨さんで、デートをするシーンもありましたね。

本間日向子は小学校のお受験をするキャラクターでした。

それに絡んだ質問に、大谷玲凪さんはいわゆる受験としての質問としては答えませんでした。

いわく、

「ずっとバレエをやっているので、バレエ科がある学校を目指しています。」

だそうで。

テレビ出演歴としては、

NHKの「いないいないばあ」にもご出演なさってました。

大谷玲凪さんのバレエ受賞歴

高校生時代に賞をとったときの画像と思われます。

先のインタビューへの返答から察するに、女優修行の一環としてのダンスやバレエではなく、専門的なバレエダンサーを目指しておられるのではないでしょうか。

広告

所属しているスタジオは「BALLET STUDIO PRIME」というところだそうです。

東京都練馬区にあるバレエ教室で、大谷玲凪さんがダンサーとして紹介されています。

大谷玲凪さんのバレエ画像

以下がわかりやすいのではないでしょうか。

大谷玲凪、現在は女優というよりバレエ路線。

かなり専門的な道を歩んでらっしゃるように見えます。

バレエは長い歴史をもつ巨大な文化そのものですから、高度な専門的技能や身体的技能が要求されます。

年齢的にもアスリートとしても現在は身体運動を極めたいと考えてらっしゃるんでしょうね。

日本屈指のバレエダンサーとなる日も近いと思います。

広告

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする