カンタン!カラダ全般に効果的な気功③

こんにちは!ライフアップです。

全身的、全般的なパワーアップ、または回復法は
とても大事だという話を引き続きしたいと思います。

今回も、気功を扱います。

健康と、精神にも良いことを

気功はストレスマネジメントとしてもすぐれた側面を持つと
思います。

だいたい、ストレスフルな状態というのは長く続きますし、
寝ても覚めてもの状態になりやすいものです。
ならないことなど滅多にないでしょう。

人間は何もしないことはできません。ついつい考え事を
してしまいます。前向きな人や状態は、前向きなことを
考えますが、ストレスフルな状態では
「なんで自分が。。。」「このままでは将来不安だ」
みたいなことしか考えられません。

これこそがストレスから抜け出せなくなる理由ですが、
前述のとおり、何もしないことはできませんので、
ついつい運命の歯車を悪い方向に回してしまうわけですね。

気功でカラダを小刻みに揺らすと、そんなことを考えられません。
チカラを抜いて全身を揺らすとは、それほど奥深い行為なのです。

ヨガのアーサナや、例えばもっと簡単な片足立ちなどでも、
カラダ内部のバランスを探るので、練習すれば、微妙な体内感覚を
追い求めて長時間トレーニングをすることができます。
この間、日常的なマイナス思考はおそらくしないでしょう。

日常化は重要

ですが、もっとカンタンなメソッドでないと、
一般社会に生きる我々には不都合が多いです。

持続可能、反復可能でないと日常化しませんから。

趣味でヨガをやっている人はいいんすよ、難しくても。
ですが、趣味でヨガをやっていない人だって、もちろん
疲れています。だからヨガでなくてもカンタンにできる方法が
必要です。

そしてこれは、上にあげたような人がさらに上達したり
するためにも避けては通れません。
疲労を解消してヨガをするのも、スポーツをするのも、
さらに仕事をするのも、全て快適に動けるカラダが土台に
あってこそです。

もう少し言うなら、カラダは現状維持はできないことが多いです。
何もしなけりゃ現状維持できるかというとそうでもないです。
むしろ落ちます。
ストレスが、ほぼない状態で、質のよいトレーニングを
週2,3回くらいで現状維持でしょうか。

もちろん、ストレスはありますから、もっと日常化しないと
追いつきません。

そして、日常化すればケアがうまくなりますから、
ストレスの大きさを乗り越えてさらなるリターンを
手に入れられるようにもなります。

だから、ケアを日常化していくほうがいいですね。
日常化しないと快適な人生は送れない可能性が高いでしょうね。

というわけで、今回の方法です。

1.仰向けに寝転がり、膝を曲げます。
2.両手で握りこぶしを作り、親指を中にして軽くにぎる。
3.肘を曲げ、腹の前でこぶしを上下に振る。
  つられてカラダ全身が上下に揺れるよう、チカラを抜く。
  好きなだけやる。
4.済んだら、手のひらを下腹部にあて、胃腸をあっためる。

これはある意味、究極かもしれません。
なんせ、寝てます。寝る前も起きてからもできます。
そしてやる気はほぼゼロでもできます。

ひとつ欠点があるとすれば、たってやるより
揺れにくい、ということです。ですから、
無理に揺らそうとしなくていいです。
気持ちよく、チカラが入らない程度にやりましょう。
けっこう美肌になるらしいですよ、女性に言わせると。

さて、このあたりでいったん気功はやめて、
本来のカラダケアに戻る予定です。

手軽で、カンタンで、現実的で、効果がある、という点から
いろんな方法を選んで紹介してますので、気功だけになると
どうしても難しくなってしまいます。

ですからもう少し肉体的なww方法を取り上げますが、
東洋的な身体思想はなかなかに奥深いものです。

これからも、皆様に役立つ情報をお送りして参ります。
ライフアップでした。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする