カンタン!座ったままで美脚化(太もも)②

こんにちは!ライフアップです。

今回は美脚の作り方です。といえば女性はきっと注目してくれる
でしょうが、男性にとっても大事なお話です。

脚部の運動

一般に、歩きという運動の中でカラダづかいを感じたり、見たり
するのがいいとされていますが、脚部の運動について皆さんの
意識はどうなっているかというと、太ももの前側なんですね。
圧倒的に。

後ろ側はほぼ意識されていません。ですが、急に立ち止まったり
すると太ももの前側がぐっと張りますので、ここは本来は
立ち止まる時にたくさん使われる筋肉で、歩くときは使用率が
低いほうが望ましいんです、本当は。

にも関わらず、だいたいの日本人は、この前側のもも筋を
使って脚を持ち上げ、降ろしているんですね。

ガニ股、O脚は、まちがったカラダづかいがもたらす

するとどうなるか?

太ももの前側の筋肉が一歩ごとにトレーニングされて太くなり、
膝関節が外へ引っ張られるんですね。それにともなって
ふくらはぎの外側の筋肉も発達してしまいます。

ああ、いくら食事を減らしてもキレイな脚部にならないわ、と
お嘆きのあなた。原因は食べ過ぎではありません。

まちがったカラダづかいによる結果としてのムダな筋トレが原因
だったんです。

ムダな筋トレは、当然ムダですから、見た目だけでなく、
ケガの要因になりやすいのです。

男性も脚部、太ももに気を配らなければならないのは、
女性よりガニ股で前ももが(悪い意味で)発達している人が
多いんです。ケガやぎっくり腰になりやすい、ということです。

美脚に興味がない男性でも、ケガはしたくないでしょうから、
スッキリした太ももを手に入れられるよう、がんばらないと
いけません。

ですので、太もも前側の使用を減らし、

後ろ側を開発するトレーニング法が必要です。

参考までに、こちらの記事をどうぞ。
カンタン!座ったままで美脚化(太もも)
http://lifeupupup.com/post-38-38

下記の方法とあわせてやれば、なお効果的です。

では方法です。以下の通りにやってみて下さい。

1.ひじかけのない椅子に深く座る。片方の太ももが、
  椅子の外に出るまでカラダごと横にずれる。
2.お尻側、太もも裏側で、かつ太もも真ん中のラインを
  中指でなぞる。長さは椅子の真ん中から後ろまで。
3.今なぞったラインを、指4本を揃えて強くこする。
  そのラインがあったかくなるくらいまで。

済んだら立ってみましょう。
できれば歩いてみて下さい。
無理ならその場歩きをしてみましょう。

どうでしょうか。片方だけ、勢いよく足が出ませんか?
後ろから押されるような、自分でがんばってないのに自然に
脚が出るような漢字がしませんか?

今こすったライン周辺の筋肉が働いてこなければ、
美脚にはなりません。

このあたりの筋肉が使えれば、歩くたびに筋トレされますから、
ヒップアップします。

一方、使われない前側の筋肉は細くなっていきます。つまり
前から見たら細い、横から見たらヒップアップという
太ももが手に入ります。

言われてみれば当たり前の話ですが、なかなか
前側の筋肉の使用率ってすぐには
下げられないんですよね。

複数のアプローチで美脚実現

前側の筋肉のスイッチを切る方法、後ろ側の筋肉のスイッチを
入れる方法、どちらも必要です。

今回の方法は後者だということです。

これはスポーツへの応用が利きやすいので、
ぜひトライしてください。

およそ走るスポーツは全て、すぐに効果が表れます。
ベンチやストレッチなど、いつでもどこでも太ももの裏側を
こすっていると、相当なパワーアップが期待できます。

ただし、先ほどの椅子のワークでなぞったラインの場所を
覚えておいて下さい。
ヒザ裏、腰裏までこすると悪影響です。

これは美脚、健康、スポーツという3つを全て実現できる
カラダケアですから、是非ともとりくみ、または周囲の人たちに
教えてあげてほしいですね。

これからも、皆様に役立つ情報をお送りして参ります。
ライフアップでした。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする