カンタン!片膝立ちで太ももの疲労回復

こんにちは!ライフアップです。

今回も、あまり知られていませんが、重大な方法を紹介しますよ。
ご期待下さい。

腰痛への数ルート

もちろん、腰痛の原因なんて山ほどあって、これってなかなか言えるものではないですが、筋肉を柔らかくすることは有効な対処法です。

ただし、腰まわりの筋肉はけっこう複雑な配置と構成になってるんですね。

だからアプローチもひとつでは足りません。だから、いくつか方法もいるわけですが、あまり知られていない部位について少し説明しようと思います腰痛の因子をひとつずつつぶしていくわけです。

太もも前側の固さ

何度もお伝えしてきたように、。太ももの前側は、本来、前進に使うべきでない筋肉で、ブレーキがメインの役割です。

つまり、もも裏や、お尻下部の筋肉で前進するエネルギーを生むべきですが、これもなかなかむずかしいです。

というわけで、この前段階として、太ももの疲れを解消し、いったんスイッチを切るとどうなるかという体験をしてみてほしいわけですね。

では、下記がその方法です。

膝に故障がある方は無理しないで下さい。

1.片膝立ちです。太もも、ひざの角度は直角です。
2.立ててる膝を前へ押し出します。それに連れてカラダも前に行きます。
3.出してる足の足首を少し前に移動させ、さらに、膝、カラダと前に移動。
4.後ろ側へ伸びている脚と、お尻の境目に人差し指根元の内側を当てます。
意識してそこのラインを曲げます。手をお尻ともも裏で挟むイメージ。
決して腰に手を当てて押さないようにしてください。
百害あって一利なしです。
頭からお尻までは垂直、太ももから後方へ流れるように配置されます。
5.先ほど使った手を、前に持ってきてさすります。

場所はジーンズのポケットに手を突っ込んだところです。冒頭の画像の部位です。
そこをさすりながら、あっためます。あったかさでストレッチが満遍なく
かかるイメージです。

反対側も同様に行います。

前もものチカラを抜く。

いかがでしょうか。

さすった範囲はけっこうせまいと思います。

太もも前側の筋肉は大きいので、チカラを入れている、入れてないってすぐに自覚できますが、今さすったところはそうはいきません、

しかしここが縮んで固くなっている人はかなり多いです。

腰に余計なテンションがかかったり、猫背のきっかけになったりもします。
自覚したことのない方が多いですから、両方を伸ばしてから、少しあたりを歩いてみて下さい。

スムーズに脚部が前に振り出されるはずです。

以前にも紹介したい、いくつかの方法も組み合わせてやってみて下さい。

つまるところは、太もも前側の筋肉です。ここを使って運動することは、O脚の原因でもありますし、腰痛も発生させます。だからといっって、今まで使ってきた部位の使用率を急激に下げるのもむずかしいですから、こういった方法で、まめにスイッチを切りましょう。
と書くと、めんどくせーwwと思われる方も多いでしょうから、別の考え方も書いておきます。

カンタンに疲労回復しますから、日々、おやりになるといいですよ、ということですね。
もちろん全身の疲労が一瞬で回復するなんてことはありませんが、チカラ任せの我流のストレッチなどをするよりはるかにマシです。マシというか絶対いいです。

健康や美容など、目的はなんでもいいんですよね。
ダイエットでもいいと思います。体重も増えにくくなります。体重を減らす意図はないですが、そちらの傾向へ徐々にシフトすることは大いにありえます。
あと、体重は変わらなくても、印象は変わることがあります。熟睡でむくみが取れるのもそうですし、首が長く見えるのもそうです。

今回の方法で、少し背が高くなったような気分を、あなた自身が感じられたら、かなりいいトレーニングができていると思います。

これからも、皆様の役に立つ情報をお届けして参ります。
ライフアップでした。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする