カンタン!お風呂で全身の感覚アップ!

こんにちは!ライフアップです。

現代人はカラダに対して鈍感だと言われます。
自然環境に接することが減ったので、まあ仕方ないですね。

遠くを見る機会も減り、電磁波は飛び交ってるわけですから。
大型の野生動物に襲われる機会もありません。

今、カラダの感覚を磨く意味。

つまりいいことなんです。鈍感でも生存できるっていうのは、
まさに科学や文明のたまものですよね。

だからこそ、そんな時代であってもなお、カラダに対して
敏感であったり、高い意識を持っていれば、いろんな面で
頭ひとつ抜け出た存在になれます。

人の気持ちがよくわかる。カラダの使い方が上達するので
疲れにくい。腰痛や四十肩など、各種の故障がなくなる。
若々しく活動的でいられる。

カラダに鈍感でも大丈夫、ではなく、敏感になって
メリットを享受しましょう、ということですね。

そういう、根本的なスキルアップ法があったら
ぜひ試してみたいと思いませんか?

しかも、それが毎日の入浴時に手軽にできるなら。

気持ち的な余裕とは。

人間を構成するパーツはとても多いです。
骨の数は・・・
筋肉の数は・・・

ググれば出てきますが、骨は200、筋肉は500ほどあるわけです。
これらを全て意識できる人はそうはいません。
ですので、少しずつ認識できる数を増やしていくことが必要です。
今からお伝えする手段によって数を増やしていくと
何が起きるか?

人として望ましい変化がいろいろ起こります。

骨格の認識度が上がることで、骨で支えようとする
意識が育ちます。
より骨で支えることで、余計な筋肉を使わなくていいように
なるんですね。

これで余裕が生まれるというわけです。
体力が余ってくれば、当然精神的にも余裕が出てきます。

疲れていて、何かお願いされても動きたくない・・・

こういう状態から、疲れてないから手伝うよ!という
ように変わっていきます。

あと、どうしても人と関わっていたい、というような気持ちって
ありますよね。

あまり、いいことではないでようが、職場の仲間につきあって
無駄な残業をしたり、
ひとりでいるのがさみしいからって飲みにいったり・・・

そういったことがなくなり、1人になっても有意義に時間を
過ごせるようになります。

自信あふれる人物へ。

より骨を認識できるということは、

自分を支えてくれる存在の数が増えるわけですから、言ってみれば
応援団の人数が増えるようなものです。

自信がついて、精神的に自立へ進むことができます。カラダってすごいなと思いますよ。

では、以下に方法です。

ぜひ、チャレンジしてほしいです。

1.立って、狙いの部位にシャワーを当てながら行う。
2.手首、前腕、上腕の骨を「洗う」つもりで、骨回りの筋肉を
  ずらし動かす。腕は指4本分くらいの幅で徐々に行う。
3.左右、鎖骨から肋骨まで、「洗う」。胸の真ん中の骨も「洗う」。
4.左右の肩甲骨を「洗う」。首と肩甲骨の間も洗う。
5.お尻の上部の骨、腰の左右の大きな骨も「洗う」。
6.太もも、ひざ、ふくらはぎと「洗う」。
7.足の内部、つまさきの骨も「洗う」。

以上です。

毎日の入浴に是非採り入れて下さい。
徐々に効果が表れるタイプの方法です。

全身の骨を「洗う」ようにさわることで、
骨格への意識が高まりますので、
姿勢がよくなる、首が長くなる、顔がスッキリしてくる、
あたりを目標に取り組んでください。

骨という存在。

ポイントはシャワーです。シャワーをあてることで
「洗う」意識も使って、認識度をあげるわけです。

骨はなるべく、はしからはしまで触ってください。

もちろん、触れない部分もたくさんありますが、
徐々に筋肉がほぐれてさわれるようになってきます。

つまりほぐす効果もあるわけですね。
腰の上あたりの背骨なんて、けっこうさわりにくいです。

そこをさわろうとすることで、結果的に筋肉がやわらぐということです。

これからも、皆様に役立つ情報をお送りして参ります。
ライフアップでした。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする