バブリーダンス部の伊原六花(りっか)、センチュリー21のCM決定【画像】

スポンサーリンク

バブリーダンスで話題を集めた登美丘高校ダンス部・キャプテンの伊原六花(いはらりっか)さん。

株式会社センチュリー21のイメージキャラクターをつとめます!

初代センチュリー21ガールとして、CM出演することがわかりました。

伊原六花さん、芸能界入り!

伊原六花さんは昨年、芸能事務所とマネジメント契約を結びました。

記念すべき芸能界デビューの初仕事。伊原六花さんは

「初代センチュリー21ガールに選んでいただき、凄く光栄です!

みなさんの期待に応えられるように精一杯頑張ります!」

と嬉しいコメントを発表!

伊原六花さんは2015年に大阪・登美丘高のダンス部に入部しました。

2015年、16年と日本高校ダンス部選手権『ダンススタジアム』で2連覇。

準優勝だった2017年の同大会で披露したバブリーダンスが席巻したのは皆さんもご存じでしょう。あの当時の衣装を再現し、ユーモラスながらも動きに切れのあるパフォーマンスが話題となり、アップされた動画は、YouTubeで4,400万回以上の再生を記録!

現在でも世界的な注目を集めている。また、ダンスに使用した荻野目洋子の「ダンシング・ヒーロー」は見事なまでのリバイバルヒット。30年以上たってからのブームにみなが驚きました。カラオケランキング週間1位を獲得。

伊原六花さんは昨年は登美丘高校ダンス部として、各局の音楽番組やバラエティ番組などに出演して、平野ノラさんなども交え、何度もバブリーダンスを披露してきました。

『NHK紅白歌合戦』の舞台でも、郷ひろみさんの「2億4千万の瞳」のアレンジバージョンが披露されるステージで、バックダンサーとして素晴らしいパフォーマンスを見せました。

話題のダンス部キャブテンという位置づけでいろんな番組に出演したとき、パフォーマンスもさることながら、ルックスの可愛さでも大いに目を引きました。

伊原六花さんは今春高校卒業予定です。今年からいよいよ本格的に芸能人としてのスタートを切ったわけですが、記念すべきタレント初仕事が、初代センチュリー21ガール就任だったというわけです。

伊原六花さんといえば、メディアで目にするときは、バブル時代の派手なメイクとヘアスタイル、そしてきらびやかなボディコン衣装が多かったですね。もちろん、初仕事で見せる姿はそうではありません。

センチュリー21のCMイメージとは


広告


センチュリー21・ジャパンの長田邦裕社長は、伊原六花さんのことを、

「物事に対する熱い想いを持つ伊原さんのバイタリティ、性格や所作に現れる誠実さが、不動産業において重要となる『信頼』や『親しみやすさ』に繋がると感じたため、伊原さんを選ばせていただきました」

不動産企業にとって信頼や親しみやすさは確かに大事ですね。

センチュリー21はかつてケインコスギさんを起用していました。

スポーティで誠実という意味では彼に勝る方はいないですね。

伊原六花さんはダンスで培ったスポーティさや健やかさがありますから、ピッタリの役どころではないでしょうか?

と、評価しています。テレビCMだけではなく、各種プロモーションにも、どんどん起用される予定だそうです。

伊原六花さんは今後の活動について、

「いままでずっとダンスをやってきたので、ダンスはもちろん、演技や歌なども勉強して色々な方面で活躍できるようになりたいです」

と熱く語りました。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする