櫻井翔さんが政治家に転身?同級生の政治家とは?

選挙の時期ですから、こんなときこそ、という
意味でも取り上げたい人がいます。

櫻井翔さんです。

最近はキャスターとしても大活躍なさってますよね。

そんな彼の政治への思いや思想をまとめて見ましょう。

まずは経歴などからご紹介。

1982年1月25日群馬県うまれです。

1999年11月3日、嵐のメンバーとして「A・RA・SHI」でCDデビュー。
2000年の4月、慶應義塾大学経済学部に入学。
2003年1月、日本テレビ『よい子の味方 〜新米保育士物語〜』でテレビドラマ初主演。
2004年3月に慶應義塾大学経済学部を卒業。

すごいですね。
文武両道という言葉がありますが、なんというんでしょう、
学問も芸事も、一流だったわけです。
国民的スターになるのも納得ですね。

2004年12月、『WEST SIDE STORY』で舞台初主演。
2006年1月、初のソロ・コンサート。7月には『ハチミツとクローバー』で映画初主演をかちとりました。

書いてるだけでも勢いを感じますねww

10月、NNN『NEWS ZERO』の月曜キャスターに就任。
アメリカ同時多発テロ事件をきっかけに報道の仕事に関わりたいと考えたようです。
トップアイドルというだけでは足りない、人としての器の大きさを感じさせます。

『NEWS ZERO』への出演について、「嵐の櫻井翔が出ているから」ということでニュース番組を見たり、
ニュースに関心を持ったりする人がいることだと語っているそうです。

意見や信条なども持ちつつ、若い世代に世界へ目を向けさせるという
役割も担っているわけで、彼の出演の意味はとても大きいですね。

2017年4月15日、24時間テレビのパーソナリティーを勤めました。
これもひとつのステータスというか、国民的な人気の証といえる快挙ですよね。

政治家に転身?

政治家は“政治家になりたい人”がなるものじゃなくて、
“やりたいことがある人”がなるべきものだと思ってます。
だから、もし僕にやりたいことが明確にあって、
かつそれが政治の世界でしかできないことならば、そういう道も考えると思いますよ

『日経エンタテインメント!』より

これ、本当にいい言葉だと思います。
すべての職業について言えることだと思いますね。
職業の肩書きがほしいのではなく、
その職について何をするのか、ということが大事ということですから、
実に本質的な答えですね。

選挙に出ないと言っておきながら出たりする方もいるわけで、
いろいろな事情もあるでしょうが、
実にストレートで潔い言葉だと思って感動したので
とりあげました。

同級生の政治家とは?小泉進次郎さんとは仲良し?

同じ学年みたいですね。1月うまれと4月うまれですから、
生年は違っても学年は一緒ということでしょうか?

彼らはいちど、対談してます。

10代の新有権者が「総理大臣になってほしい」と思う二人、という調査結果もあるそうで。

小泉進次郎さんはよく、若い世代を壇上に呼んで語ったりするそうです。
その体験から選挙への参加意識を持ってくれれば思ってらっしゃるそうで、
「自民党をよろしく」とは口にしないポリシーだそうです。
今は、1人1人が誰が良いかを自分で決める選挙であるべき、というのが
彼の信条みたいで、そこは櫻井翔とも似た考え方かもしれませんね。

最後に前出から、櫻井翔さんの言葉をもうひとつ紹介しておきます。

僕のやりたいことは、むしろ嵐という立場でいたほうが実現性高いんですよね。

と語ってらっしゃいます。エンターテイメントという立場から
政治に関心を向けさせる言うのは確かに彼にしかできないことでしょう。

今回の放送も期待できそうです。

ZERO×選挙2017…櫻井翔×同学年政治家▽総選挙ライブten.
2017年10月22日(日) 19時58分~23時30分

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする