和牛、Mー1優勝か?2017の決戦向け、ネタをおさらい!

実力派漫才コンビといえば、今でいうと、銀シャリか、
この和牛のお二人ではないでしょうか。

ボケの水田さんは、元板前で、その料理の腕前を
いろんな番組で披露してますね。
一方、ツッコミの川西さんは、独特な抑揚で漫才を演じます。
よく漫才の最後にもうええわ、と言いますよね。
川西さんは、その前のセリフの語尾を少し引っ張りながら、
もうええわ、とシメるんですけど、それが独特な抑揚なんですよね。
今回のMー1でもちょっと気にして見てみたいと思います。

大吉さん発案だったと思いますが、
川西さんの、いろんな気分の時の「もうええわ」を披露するという、
ニッチ笑な企画で注目されたこともありました。

和牛のネタ。

昔は、川西さんのちょっとした間違いを
延々と、チクチクと、水田さんがなじり続けるというネタでした。

それはそれで、とても面白かったんですよね。

例えば、、、

「いやあ、がんばっていきましょう、言いながらやってるんですけどねえ」
「おまえ、がんばっていきましょうって言った?言ってないやん」

「わたし、ハンバーグ作ってあげる」
「ハンバーグ作るなら足りんもんいっぱいあるよ」

などなど、ダメ出しをずっとするんですよ。
あまり、ネタばれはして欲しくないので、
前提だけ書くにとどめておきますが、
かなり長時間、普通のコンビ間、もしくは普通のカップルの
会話なら流すところを、絶対に流さず、ちょっと話題が
変わりかけても戻してなじる、というような、徹底的に
ネチネチした会話の漫才でしたね。
面白くて、評価も高かったんですけど、ザマンザイなどで、
少し伸び悩んだんですよね。

和牛、2017のM-1は優勝なるか?

お二人は、

笑ってはくれるんやけど、お客さん全体爆発的に盛り上げて、
グイグイ引っ張っていけるネタではない、

と言って、
新たにネタを作ってMー1に挑みました。銀シャリには負けましたが、
名勝負でしたね。

確かにグイグイ引っ張るっていうような感じではなかったですね。
グイグイ引っ張るっていうと、やっぱりブラックマヨネーズや、
コントならバイきんぐなんか、特にパワフルタイプだなあと思います。

優勝するパターンのひとつに、キャラだけでなく
型が決まってる漫才がありますよね。
代表的にはブラックマヨネーズでしょうか。

フットボールアワー、ますだおかだ、中川家なんかは
パターン化してないと思うんですが。

和牛は、キャラも型も決まっている中、それを捨てて
新しい型を作ってます。

パターン化されたネタは何年か、大きなコンテストで
見せると観客が慣れて新鮮さがなくなりますから、
新しいネタはいいと思います。

それで作られたのが、ドライブに行く先々で水田さんが
問題を起こし続け、ボケ続けるという新機軸でした。

勢いも笑いも、すごかったネタでした。

しかし、もちろんこれは不利な点でもあると思います。
慣れがなくなりますから。

ですが、けっこう、前年度に注目を集めたり、爪痕を残したりして、
次で優勝っていうパターンもありますよね。
ウーマンラッシュアワーとか、そうではないでしょうか。

この点が、まさに今年の和牛なんじゃないかと。

というわけで、今年は、和牛、来るんじゃないかと。

現在、劇場では、最もチケットが売れる
コンビだそうです。

今年はお二人は、相当気合いが入ってますね。
いや、もちろん他のコンビもそうですが。
特にとろサーモンなんかは、結成日から規定の年数が経っているので、
今年は背水の陣で挑んでいるらしく、
すごい覚悟を感じる談話を発表されてます。

だから、ぶっちぎりで、優勝!とは
ならないでしょうし、過去のサンドウィッチマンのように、
敗者復活戦から現れたコンビが劇的に優勝を
さらうことだってありえます。

ただ、今年は和牛のお二人なんじゃないかと。
なじりネタの頃から面白かったんで、パワーアップに期待ですね。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする