X JAPANのYOSHIKIが、父とHIDEの死について語る。

スポンサーリンク

カリスマという言葉がぴったりな、YOSHIKIさん。

伝説的なバンド「X JAPAN」のドラマーとして、多くのファンを魅了し、ミュージシャンとしての評価も素晴らしいものです。

X JAPANの孤高のリーダー、YOSHIKIさんには、父親の存在が大きく影響がありました。
音楽の才能的な部分や、YOSHIKIさん自身の性格も、父親の影響があります。

当然と言えば当然ですが、親子関係の影響だけではありません。父親との時間が十分になかったことからの影響です。YOSHIKIさんが時折語ってきた、父親についての話からはそう読み取れます。

YOSHIKIさんは、過去には「俺は、34歳で。。。」と、ずっとおっしゃっていました。

「34歳」。この年齢こそ、YOSHIKIさんが父親のことを考えて口にしてきた年齢です。

その年齢で、父親はこの世を去りました。

YOSHIKIさんに影響を与えた父親の死因とはなんでしょう。

自ら死を選んだ理由や原因として「借金」とも言われています。

父親の職業などについても、ふれてみたいと思います。

YOHIKIの父親の死因とは。

広告

YOSHIKIさんの父親は1976年8月、34歳の若さでなくなりました。

自らの人生に自らピリオドを打った形です。

YOSHIKIさんは、当時の様子を振り返って

「夏休みの器楽クラブから帰ると父が布団に寝かされていて、頭には白い巾がかぶせられていた」

と語りました。

帰宅したYOSHIKIさんには、周囲の人々は

「お父さんは病気で寝ている」

と、説明したそうです。

当時、10歳のYOSHIKIさんはそれを嘘と感じました。

もちろん、病気じゃないのは誰が見ても明らかですし、隠していることがあるのも明らかでしょう。

その後、YOSHIKIさんはなき叫び、

「何でそんな嘘をつくの!」

「お父さんは病気なんかじゃない。死んじゃったんでしょ!」

「だからここに寝てるんでしょう」

と、泣き叫んだそうです。

当時から仲の良かったTOSHIさんも知らなかったようです。

当時は多感な年代です。

いくら仲が良かったTOSHIさんであっても、整理されていない事実を伝えることはできなかったのでしょう。

しかし、YOSHIKIさんが父親の死因を聞かされていませんでした。

その死因が、自らの人生の幕引きであったということを、中学生時代に親戚の家で偶然に知ったそうです。その時のことを振り返って、

「本当にびっくりした。父親への怒りが湧いてきた」

と語っておられました。

YOSHIKIさんは父親を尊敬しており、やむなく人生を終えてしまったという事実が、自らの手によるものであったという覆されかたをして混乱したのでしょう。

何の感情がわからなくなったそうです。

そこでもうひとつ疑問が湧きます。

自ら死を選んだ理由はなんだったのか?と。

YOSHIKIの父親、自死の理由や原因は?

「借金」説はやはり、噂されますね。

YOSHIKIさんの父親の職業は、呉服店の経営で、当時からなかなか派手な生活を好んでいたそうです。

当時、YOSHIKIさんの住んでいた館山市では誰も持っていなかった、キャデラックを乗り回し、街中を走り回っていたようです。

街中では、YOSHIKIさんの父親の名前を知らない人はいなかったほどの方で、お金も派手さも話題になる方だったのでしょう。

そんな華やかで派手好きな父親の姿は、まちがいなくYOSHIKIさんに影響を与えていたはずです。

父親は、YOSHIKIさんの誕生日には、必ず楽器をプレゼントしていたようで、10歳の誕生日には、トランペットをプレゼントしてもらっていたとか。

当時、10歳の子供にトランペットをプレゼントというのは、よほどの金銭的、経済的余裕ががないとできない相談です。

さらに、父親は元プロのトップダンサーでした。

金銭的にも、容姿、プロポーション的にも非常に恵まれている男性だったのでしょう。

ちなみにYOSHIKIさんの母親も三味線を弾いていたそうで、きっと裕福なご実家だったのでしょう。

父親はジャズ・ピアノ、叔母は琴の演奏を嗜むなど音楽的な一家だったようです。

呉服店の経営が急にうまくいかなくなったのか、ともかく、もし借金苦だとしたら、父親と、そして幼いYOSHIKIさんに大きなショックを与えたものだと思います。

今、YOSHIKIさんは、父親の死因について「原因は不明だ」と、語っています。

HIDEの死因について、YOSHIKIの見解

XJAPANのギタリスト、HIDEさんも自らその人生を終わらせた、ということになっています。

しかし、YOSHIKIさんは、「そういうことをする人ではなかった、と今も思っている」と語りました。

亡くなった方の言葉を聞くことはできません。今を生きながら、その喪失を越えてステージに立ち続けるのがYOSHIKIさんの人生なのでしょう。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする